V12気筒搭載のスパイダーが復活! 「フェラーリ812GTS」がデビュー

AUTHOR

最もパワフルな量産コンバーチブル

フェラーリはこのほど、12気筒FRモデルにオープン仕様(スパイダー)の「812GTS」を設定。フランクフルト・モーターショー2019にて世界初公開した。

12気筒フェラーリのオープンモデルは、“デイトナ・スパイダー”の愛称でも知られる1969年の「365 GTS4」以降、量産モデルとしての登場はなかった。2000年に「550バルケッタ・ピニンファリーナ」、2005年に「スーパーアメリカ」、2010年に「SAアペルタ」、2014年に「F60アメリカ」が発売されたが、これら4モデルはいずれも特別限定車だった。つまり、このたび発表された812GTSによって量産モデルとしての12気筒オープンモデルが実に50年ぶりに復活したわけだ。

スタイリングは、クーペモデルの「812スーパーファスト」と基本を共有するがオープンボディ化にともないルーフやトノカバー、ラゲッジコンパートメントは812GTS専用に設計。GTS独自のルックスを象徴するシート後方のバットレスは、前方への推進力を視覚的に具現化したもので、オープン時はこの下にルーフが格納される。

ルーフはリトラクタブルハードトップが採用され、14秒でオープンまたはクローズ操作が完了。45km/h以下なら走行中でもルーフの開閉操作が可能だ。

パワートレインは、812スーパーファストと基本的には同じ。800ps/8500rpmと718Nm/7000rpmを引き出すバンク角65度の6.5L V型12気筒自然吸気エンジンに7速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)を組み合わせる。

そのパフォーマンスは3.0秒以下の0-100km/h加速、8.3秒の0-200km/h加速、そして340km/h以上の最高速を実現。同社では、世界の市販車で最も強力なオープンモデルであるとアピールしている。乾燥重量は1600kgで、前後重量配分は47対53だ。

ビークスダイナミクスの面では、高性能なドライバーアシスタンス機能の搭載が特徴。「FPP(フェラーリ・ピーク・パフォーマンス)」は、コーナリング時にタイヤのグリップの限界が近づいていることをドライバーに知らせるとともに、ステアリング操作をアシストする。「FPO(フェラーリ・パワー・オーバーステア)」は、コーナーを抜けるときにオーバーステアが生じた際、ステアリング操作をアシストする。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧