これが未来のSUV? アウディが「AI:TRAILクワトロ」を発表!

H.Tanaka
AUTHOR

4モーターで”クワトロ”を実現! ヘッドライトは空を飛ぶ?

アウディは、フランクフルト・モーターショー(IAA)2019でピュアEVのオフロードモデル、「AI:TRAILクワトロ」を発表した。このクルマは、オフロードにおいても持続可能なモビリティを追求する包括的なコンセプトカーだ。

4シーターとなるAI:TRAILクワトロは、自動運転の能力と優れたオフロード性能を組み合わせている。キャビンを取り囲むガラスは地面の近くにまで達し、他に類を見ない視認性を車両の全周において確保。さらに大容量バッテリーを搭載することにより、充電ステーションネットワークから外れた場所でも十分な航続距離を確保している。

そのボディサイズは、全長が4.15mで全幅は2.15m。一方、1.67mの全高や850mmタイヤを装着する巨大な22インチホイールはオフロード性能の高さをアピール。実際、最低地上高は34cmに達し水深50cmの浅瀬でも走行可能な能力を持つ。

EVとしてはパフォーマンスだが、走行距離の目標値は舗装路または整備されたオフロードにおいては400~500km(WLTPモード)。エネルギー消費が激しいオフロードにおいても250kmに設定されている。この条件を満たすため、舗装道における最高速度は130km/hに設定。オフロード走行時においても最高の効率性が達成されている。搭載する電気モーターは各ホイールの近くに4基がレイアウトされ、クワトロのネーミング通り4輪を駆動。その最大システム出力は320kW(435㎰)で、最大トルクは1000Nmに達するという。

コンセプトカーらしい、個性的な内外装を持つAI:TRAILクワトロだがライトシステムも独創的だ。Aピラー下には、従来型のヘッドライトに代わり車外も車内も照らし出すことのできる内蔵型の光源が設置。室内照明としてだけでなく、車両の進行方向も照らし出す。リヤライトもフロントと同様に作動、ラゲッジコンパートメントを照射するだけではなくエクステリアにおいては特徴的なライトシグネチャーを創出する。また、従来型のロー/ハイビームに替わり一体型マトリクスLEDエレメントを搭載したローターレスの(プロペラのない)三角形電動ドローンが合計5台装備。これらは車両のルーフラックまたはルーフに着地させ、非接触充電システムにドッキングさせることができる。

これらドローンは、アウディ・ライトパス・ファインダー(パスファインダー)と呼ばれ非常に軽量かつ省電力。前方を飛行して道路を照らし出すことができるため、従来型のヘッドライトが不要になる。搭載したカメラの画像をWi-Fiで送信してディスプレイに表示することも可能なので、このドローンは「空飛ぶ目」としても使うことができる。停車中、パスファインダーはルーフ上の定位置から周辺を照らしクルマの横でピクニックを楽しむ場合などに活用。また、乗員が車内で過ごしたい場合でも透明なパノラマルーフを通してインテリアを照らすことが可能になる。

このドローンは、少なくとも2台セットで飛行。必要な照度や照射面積に合わせて最大5台にまで増すことができるが、乗員に必要な操作はスマートフォンの制御ソフトを使用して希望するシナリオを設定するだけだ。

なお、自動運転機能についてはレベル4を達成。レベル4のシステムでは、ドライバーによる運転の支援は必要ないが、その機能は高速道路や都市部の特別なインフラが整備された地域といった特定エリアに限定される。そのため、このAI:TRAILクワトロでは従来のステアリングホイールとペダルも装備される。

ステアリングとペダルはオフロード走行の際にも必須となるが、もちろん運転支援システムはドライバーに豊富なサポートを提供する。センサーが摩擦値、スリップ、縦方向と横方向の加速度などといったパラメーターをエレクトロニクスに提供、走行安定性を最適化する。また、カメラやレーザーといった光学システムや超音波、レーダーなどのシステムを活用して路面状況や障害物を検出する数多くのセンサー類も設置されるので、必要に応じてステアリングやブレーキングに介入して衝突を回避することができるという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧