【国内試乗】「メルセデス・ベンツBクラス」侮れないマルチコンパクト

小野泰治
AUTHOR
2019/09/10 07:00

7年ぶりのモデルチェンジを受け、3代目へと生まれ変わったBクラス。AクラスでデビューしたMBUXをはじめとするソフト面のアップデートに加え、ハード面も先代Bクラスの美点をしっかりと受け継ぎながら進化を果たしている。ファミリーカーやシティコミューターの選択肢として、魅力的な一台が誕生した。

内外装は適度にリフレッシュ、なおかつ高い質感を実現

エンジンを横置きにしたFF系メルセデスの中では、もっとも手堅い選択といえるBクラス。実際、全高が高いモノスペースボディは実寸以上のユーティリティを実現、メルセデスとしては手頃な価格と相まって日本でも安定した支持を集めた。先代はモデルライフ途上でパワフルな2Lターボ仕様や、その4WD版が追加されているが、人気は1.6Lターボを搭載したベーシックな「B180」に集中。晩年はそれのみのモノグレードに整理されていた点からも、堅実なユーザー像が見て取れる。つまり、メルセデスといえども過剰な要素は必要ないと判断されていたわけだ。ちなみにインポーターによればグレードを絞っても販売に衰えはなく、先代B180は末期まで着実に売れ続けたという。

隙のない作り込みで幅広い層から支持されるだろう。

そんなBクラスが、3代目へとスイッチした。7年ぶりのモデルチェンジということでハード面は当然ながら進化しているが、このモデルならではの美点はしっかり受け継がれている。ボディサイズは先代比で全長が25mm、全幅は10mm、全高で20mmといずれも若干ながら拡大。この中で気になるのは、全高が立体駐車場で適応外となる可能性がある1565mmになったこと。しかし、スポーツサスペンションやエアロ外装などをセットにしたオプションのAMGラインを選ぶと車高は1550mmに収まる(全長は5mmプラス)。

そのスタイリングは、Bクラスの特長を継承しつつアップデートした正常進化の出来映え。近年のメルセデスらしくフロントマスクが精悍な面持ちとなる一方、全体の仕立てはスッキリとシンプル。サイド面のキャラクターラインなどがいささか装飾過剰な感もあった先代と比較すると、この3代目は先述のシンプルさがカタマリ感を演出。派手さこそないが、適度な若々しさと上質感を醸し出している。この背の高いモノスペースボディは空力も秀逸で、Cd値は0.24。わずかながら先代を上回る数値を実現している。

基本的に現行Aクラスをベースとする室内も、先代と比較すれば格段に若々しい。タブレット端末を彷彿とさせるワイドスクリーンのメーターは、車外から入る光の加減で多少見えづらい状況がある点は気になるが、多彩な表示機能はそれを補ってあまりある。またAクラスと同様、対話型インターフェイスのMBUXを搭載するだけに、“新しいクルマ”ならではの操作方法も楽しめる。

そして、前席の見ためこそ適度にタイトな室内は歴代Bクラスと同じくゆとりある広さを実現。実際、前席の室内幅は先代比で33mm拡大された1456mmに、同じく前席の頭上空間も5mm広くなっている。絶対的にはコンパクトなボディながら、後席はセダン系メルセデスを凌ぐほどの広さだからユーティリティに不満を抱く人はいないだろう。スクエアな形状が好ましい荷室も、容量は455〜1540Lと十二分な広さだ。

フォト=篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン2019年10月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧