カーレーシング1965【新書紹介】

2019/09/07 13:00

Car Racing 1965

1965年当時のモータースポーツは未成熟であるが故にチャレンジに溢れ、今より遥かにスリリング且つ神聖な世界だった……。本書は50年に渡りモータースポーツカメラマン達の代理店役を務めてきた仏DPPI社の膨大なアーカイブのうち、1965年設立初年度の作品で作られたレアショット写真集。

ル・マン24時間やモナコGPのメジャーイベントはもちろんポーのF2やニュルブルクリンク1000km、ヨーロッパラリー選手権など、当時開催されたモータースポーツイベントのドライバーとマシンを激写。その表情や挙動は今なお当時の純粋な情熱を湛え、エネルギーを放ち続けている。マシンではデイトナクーペやフォードGT40始め多種多様なレーシングカー達。J・クラークら代表的ドライバー達に加え、デビュー間もないブラバムホンダチームの面々なども収められ印象的。一枚一枚のクオリティもさることながら、スリルとヒロイズムに震えた時代の、パドックからポディウムまでのドキュメンタリーをご覧頂きたい。

Car Racing 1965
17,744円 (税込)
Johnny Rives&Manou Zurini(著)
Editions Cercle d Art
ハードカバー/W290×H235/モノクロ/216p/英・仏語併記

情報提供:代官山蔦谷書店

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧