【国内試乗】「ジープ・ラングラー・アンリミテッド・ルビコン」どこへでも行ける、何でもできるを実証

2019/09/02 08:00

この走破性、使わなくても手に入れたい

年間販売台数は2017年、2018年と2年連続で1万台を突破し、2018年は過去最高となる1万1415台を記録したジープブランド。その販売台数の多くを占めるのがラングラー・アンリミテッドだ。今回は、自社が設定した過酷な走行テストをクリアしたモデルのみ付けることが許される「トレイルレイテッッド」のバッジを冠したラングラー・アンリミテッド・ルビコンの実力を富士ヶ嶺オフロードで試した!

2年前、タスマニアの大自然でコンパス・トレイルホークの試乗会に参加した時、JK型ラングラー・アンリミテッド・ルビコンがサポートカーとして同行していた。「トレイルホークがスタックしても、これで助けに行けないところはない」と現地スタッフから言われたが、今回の試乗会でその“自信”が腹に落ちた。最新のJL型ラングラー・アンリミテッド・ルビコンを富士ヶ嶺オフロードで走らせたが、いとも簡単にすべてのセクションを走破してみせた。今回のコースセッティングは、通れるか通れないかの極限コースではなく、クルマの機能や性能を確認・理解することが目的。自らステアリングを握るだけでなく、本国で車両開発に携わるシルバート氏の運転にも同乗させていただき、所作や挙動について質問した。

トレイルレイテッドのバッジを冠する中でも、このモデルのみが備える機能は2つ。後輪または前後輪両方のディファレンシャルを直結状態にできる「前後輪ディファレンシャルロック」と、フロントのスウェイバーを2つにセパレートして、フロントアクスルをより柔軟にストロークさせられる「電子制御式フロントスウェイバーディスコネクトシステム」だ。

特に後者はモーグル路で使用すれば効果的で、タイヤの接地力はすさまじく、平行を保ちながらトラクションを確実に路面へ伝えることができた。氏いわく、ラングラーベースのピックアップトラック、グラディエーターに部品共用することも踏まえて、スウェイバーの剛性を高めているそうだ。

そして、ボディ剛性の高さにも抜かりはない。モーグル、キャンバー、ヒルクライムと一通りのオフロードを走っても不安なキシミ音に苛まれることはなかった。ステリングも芯がしっかりしていて、JL型になっても前後ともプリミティブなリジットアスクルだが、乗り心地は良好。「エアサス以上だろ?」という同氏のジョークもあながち冗談ではないと思えた。

ラングラー・アンリミテッド・ルビコンの2019年モデルは発表と同時に即完売。2020年モデルの国内販売も決定しているので、どうしても手に入れたい方は、発表と同時に予約することをオススメする。

リポート=佐藤玄(ル・ボラン本誌)/G.Sato フォト=勝村大輔/D.Katsumura ル・ボラン2019年9月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧