【スクープ】フロントマスクの表情に変化が! アップデート版「BMW5シリーズ」はここが変わる

2019/08/28 11:00

より高性能なプラグインハイブリッド仕様をラインアップ?

BMWのアッパーミドルセダン、「5シリーズ」のアップデート版と思われるテスト車両がカメラに捉えられた。姿を現したのは、フロントドアとリアバンパーに「Hybrid Test Vehicle」のステッカーが貼られた車両ということで中身はハイブリッド仕様である模様。BMWは7月にプラグインハイブリッドの「530e」を欧州でリリースしているが、テスト車は新たにラインアップされる「545e xDrive」である可能性が高い。

この新グレードは先日マイナーチェンジした「7シリーズ」でハードウェアを変更したプラグインハイブリッド、「745e」のそれを流用している。最新の745eは、往来の2L直列4気筒ガソリンターボ+電気モーターではなく3L直列6気筒ガソリンターボを軸に新たなシステムを構築。システム合計出力は389psを発揮するが、545e xDriveではそれをベースに最高出力が375psに微調整されるようだ。

5シリーズ全般の話としては、エクステリアに現行型よりワイドに広がったLEDデイタイムランニングライトを採用。現行「3シリーズ」に似たフロントマスクになると予想されている。キドニーグリルも大型化されるほか、エアインテークを含むバンパーもリデザインされ、よりスポーティで存在感のある面持ちとなるはずだ。また、リヤエンドはバンパー、テールライトのグラフィックが意匠を改めるという。

ちなみに今回キャッチされた開発車両はブルーのブレーキキャリパーを装着、フロントフェンダー下に貼られた黒いテープの下にはMバッジが付くと予想されることから、「Mスポーツ」である可能性が高い。あいにく今回はキャビン内を撮影することは叶わなかったが、装備面では最新のデジタルインスツルメントクラスターとiDriveインフォテインメントシステムの採用が予想されており、アップデート版ではインテリアの仕立ても最新のBMWに相応しいものとなるだろう。そのワールドプレミアは、最速で2020年前半となる模様だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!