【スクープ】ついに「BMW M4カブリオレ」の次期モデルも路上へ! パワーユニットは最新世代の直列6気筒ターボを搭載

2019/08/25 11:00

気になるワールドプレミアはベースモデルと同じく2020年か?

BMWは現在、ミドル級クーペの次期「4シリーズ」を開発中だが高性能バージョンの「M4カブリオレ」と思われるプロトタイプがカメラに捉えられた。

今回キャッチされえた開発車両は、ヘッドライトやテールライトこそダミーパーツのままだったが以前目撃された「4シリーズ・カブリオレ」の開発車両と比較するとより大型のコーナーエアインテーク、ワイド化されている(ように見える)フェンダー、ボリューム感のあるバンパーなどで迫力が増している。また大径ホイール、クロスドリルのブレーキローター、ブルーのMブレーキキャリパー、左右2本出しのエキゾーストパイプなどからハードウェアが強化されていることも確実だ。

次期Ⅿ4カブリオレでは、ベースモデルと同じく「CLAR」プラットフォームを採用。ホイールベースが延長されると同時にルーフはリトラクタブルハードトップからソフトトップに変更される。現行のM4カブリオレは、クーペと比較し505ポンド(229kg)も重いだけに、このソフトトップへの回帰がもたらす軽量化でパフォーマンスは大きく向上するだろう。

その心臓部もアップデートされる。次期型では、「X3 M」や「X4 M」から流用される新しい3L直列6気筒ツインターボを搭載。最高出力は510psを発揮し、現行モデルより60ps増強されるほか最大トルクは550Nmから598Nmへと引き上げられる。駆動方式はFRが基本ながら、4WDの「xドライブ」がオプション設定。また4シリーズの旗艦に相応しくインテリアもスポーティ、かつラグジュアリーな仕立てとなるはずだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧