【国内試乗】「アルファ・ロメオ GIULIA 2.2 TURBO DIESEL SUPER」新世代ディーゼルの進化と真価!

萩原秀輝
AUTHOR

アルファロメオは官能への訴えかけが巧みな情熱的なブランドである。まさにジュリアは気持ちを昂らせるが、新たに新世代ディーゼルを搭載してきた。果たして機能性こそ魅力となるディーゼルと、ブランドの価値は一致するのだろうか。そこで競合するミドルセダンと比較しつつ、それぞれの走りの味わいを確かめてみた。結果として明らかになったのは、いまや機能性一点張りではないことだ。

感覚に訴えかけてくるジュリアのエンジン

情緒性を重視するアルファロメオに、機能性が魅力のディーゼルエンジンはふさわしくないという先入観があった。ところが日本で知られていなかっただけで、アルファロメオは現在のクリーンディーゼルの基盤技術といえるコモンレール式燃料噴射ポンプを、フィアットグループの電装品サプライヤーと共同で1990年代に世界で初めて開発したメーカーなのだ。

しかも、ジュリアが積む2.2Lエンジンは超軽量なことが特徴となる新開発ユニット。このユニットはスポーツディーゼルを名乗るだけあり、アクセルを踏み込むと中回転域にかけてトルクの盛り上がり感がある。エンジン性能曲線で確かめると1750rpmから2200rpmまではフラットでその先は下降するが体感は異なるわけだ。やはり、アルファロメオは情緒性を重視するだけあり感覚への訴えかけが巧みだ。
さらに、アクセルを踏み続けるとディーゼルでありながらガソリンのように回転数によってパワーを稼ぐ実感が増す。そのため加速が伸びやかで、8速ATの制御もそうした特性に合わせ走行モードが「ノーマル」なら3800rpmで「ダイナミック」なら4000rpmでシフトアップを繰り返す。グォーンという感じで響くエンジン音も迫力がある。ただ、アイドリング時はカラカラという感じのエンジン音にベルト回りのノイズが重なり、少しばかり洗練度に欠ける。それでも、走り始めれば停止時にはアイドリングストップが働くから多くの場面でノイズは意識の外に置ける。
コーナーが連続する場面を駆けぬければ、ジュリアは一体感ある走りを実現してくれる。ステアリングを切り込むとスイッという感じで向きが変わり、サスペンションが引き締められすぎてはいないのでロール進行により操作の通りにクルマが反応していることがわかりやすい。あえてボディを動かすあたり、ドライバーに何を感じさせればいいのかをアルファ・ロメオはやはりよく知っている。

フォト=郡 大二郎/D.Kori ル・ボラン2019年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧