ドラテク向上とともにVWの安全思想も学べる“GTI Driving Experience”が西日本で初開催

AUTHOR
2019/08/10 17:00

昨年、岡山国際サーキットの周辺地域で発生した豪雨被害の影響を考慮し、開催中止となったVWオーナー向けサーキットドライビング講習会が、去る7月13日に実施された。西日本地区では初めての開催となったこともあり、九州から自走で参加したオーナーもたくさん見受けられた。

ベーシッククラスの参加者も自車でサーキットを走行

座学と実践で、安全運転の重要性とサーキットドライビングの基本を学んだ今回の講習会では、まず、講師からフォルクスワーゲンの安全思想や最新の安全性能などについてのレクチャーを受けた後、参加者たちが岡山国際サーキットに自車でコースイン。実際に走行し、ブレーキング時やハンドリング時に生じるクルマの挙動を体感して、安全運転との関連性を習得するというプログラムが組まれた。

ベーシッククラス1に31台、ベーシッククラス2に33台、アドバンスクラスに25台がエントリー。最後に全車でのパレードランも満喫。

現在、フォルクスワーゲンは、オールイン・セーフティという安全思想のもとで独自のクルマ造りを進めている。これはクルマが直面するあらゆるシーンを徹底的に考え抜き、事故が起きないように予防する、万一の時のダメージを可能な限り軽減する、二次被害の防止までをトータルに実現する、という3つのステップで危機を回避するという理念だ。

それらのクルマ側で安全のために実践できることに加え、フォルクスワーゲンではドライバー側が加害者にならないためにやるべきことの重要性も感じており、事故を減らすためには安全サポートだけに止まらず、運転者の意識改革も必要であると考えているので、今回のようなサーキットドライビング講習会を実施している。まだ参加したことがない方は、次回の開催日程を要チェックだ。

フォト=山本佳吾/K.Yamamoto 佐藤亮太/R.Sato ル・ボラン2019年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!