【海外試乗】「NISSAN GT-R NISMO」確実に走りの進化を遂げたハイパフォーマー!

2019/08/02 11:10

最先端のレーステクノロジーを投入

「GT-R」シリーズの頂点に位置するハイパフォーマンスモデルが「GT-Rニスモ」だ。2020年モデルでは、モータースポーツから得られた最新ノウハウを導入し、さらなる性能アップを目指している。ドイツのベルリンで海外試乗会が開催されたので、その鮮烈なパフォーマンスのすべてをお伝えしよう。

2020年型で驚くのは乗り心地のよさ

間もなく登場から12年の時が経つR35GT-R。同時に今年は初代スカイラインGT-R登場から数えて50周年ということもあり、アニバーサリーモデルの登場と併せて、標準車そしてニスモの双方にマイナーチェンジが施された。
2020年型と称されるその詳細は、標準車側がタービンの吸気側にあプレーダブルシール加工を施し充填効率を向上、エンジン及びミッション制御の見直しによるレスポンスアップを果たしている。また、ダンパーやブレーキブースターのチューニングも改められ、常速域での扱いやすさが向上しているという。日本での公道試乗ではその控えめな口上よりもずっと乗り心地面での洗練が果たされており、ちょっと驚かされた。

2020年型はGT-RのGT3レースカーに使用されている新しいターボを、匠の手によって高精度に手組みされるVR38DETTエンジンに搭載。トランスミッションは6速DCTを組み合わせる。

が、実はその標準車と同等といっても過言ではないほどの乗り心地をみせてくれたのが2020年型のニスモだ。にわかに信じがたいその詳細をみてみると、あらゆる面で最も大きな影響を及ぼしていそうなのが410/390mm径のブレンボ製カーボンセラミックブレーキシステムの採用で、これによりバネ下の重量は従来比で16.3kgの大幅な軽量化を果たしている。このブレーキはパッドの摩材にメタル成分を多く含むものを採り入れ、冷間時や低速時のコントロール性や制動力を高めているのが特徴となる。

ボディ色は、バイブラントレッド、メテオフレークブラックパールなど全4色で、他のGT-Rモデルとは一線を画している。

リポート=渡辺敏史/T.Watanabe フォト=日産自動車/NISSAN ル・ボラン2019年9月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧