日本にも上陸した新型「メルセデス・ベンツGLE」、その安全評価は?

AUTHOR

ユーロNCAPの衝突安全性試験で最高評価の5つ星を獲得

ユーロNCAPはこのほど、日本市場では6月の導入が発表された新型「メルセデス・ベンツGLE」のクラッシュテストを実施。総合評価で最高の5つ星を獲得したことを発表した。

ユーロNCAPの安全性試験で最高評価となる5つ星を獲得するには、「成人乗員保護性能」で80%以上、「子供乗員保護性能」で75%以上、「歩行者保護性能」で60%以上、「安全補助装置」で50%以上という4項目をすべてクリアしなければならない。

新型GLEの試験車両はディーゼルエンジンを積む「350d 4マチックAMGライン」だったのだが、「成人乗員保護性能」で91%、「子供乗員保護性能」で90%、「歩行者保護性能」で78%、「安全補助装置」で78%という結果。各項目で基準を大幅に上回り、総合5つ星を獲得した。とくに子供乗員保護性能の高さが際立っているのが数値から見て取れる。

今回の衝突試験によって、新型「GLE」には高水準の衝突安全性が備わっていることが実証された。新型GLEを購入候補に挙げているなら、購入を後押しする確かな材料になるだろう。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!