【比較試乗】「VWアルテオン TSI 4モーション エレガンスvsアウディA5スポーツバック45 TFSI クワトロ スポーツ」アルテオンはデザイン良し、パッケージング良し、パフォーマンス良し!

竹花寿実
AUTHOR

上品さと押しの強さが共存するアルテオンは、戦略的な価格設定の上、最大限に総合力が高められた

「アルテオンが予想以上に売れている」。そんな話を耳にしたからか、このところ街で頻繁に見かける気がする。フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの広報部に尋ねてみると、「予想の2倍売れているんですよ!」と喜びの声。はたして、その理由は何なのか? ライバル、アウディA5との比較試乗と、アルテオン商品企画担当者への取材で明らかにしたい。

フォルクスワーゲンのアルテオンが売れている。日本市場では、2017年秋の導入以来、伝統のブランドであるパサートを超えるヒットを続けているというのだ。
そこで今回は、アルテオンと競合モデルに挙げられるアウディA5スポーツバックの2台を用意して、アルテオン快進撃の秘密を探ってみた。
テストカーは、昨秋に追加設定されたアルテオンTSI 4モーション・エレガンスで、A5スポーツバックは45TFSIクワトロ・スポーツをチョイス。どちらも2?直4ターボを搭載した4WDの4ドアクーペ(正確には5ドア・ハッチバック)である。

優等生だが地味というフォルクスワーゲンのイメージを吹っ切ったアルテオン。セダンとクーペを融合させたフォルムは流麗で、直線的なキャラクターラインが全周をぐるりとまわる。

アルテオンの2L直4ターボは、最高出力280ps、最大トルク350Nmと、かなりのハイスペックである。本国ドイツには1.5L直4ターボや数種類のディーゼルなども設定されているが、日本仕様はガソリンの上級ユニット1本に絞り、日本におけるフォルクスワーゲンブランドのフラッグシップとして明確なキャラクターを打ち出している。
一方のA5スポーツバックは、前輪駆動モデルには190ps仕様が搭載されるが、今回の45TFSIクワトロ・スポーツには252psと370Nmを発揮する2L直4ターボが搭載される。ピークパワーはアルテオンに軍配が上がるが、マックストルクはA5スポーツバックが上回る。トランスミッションは、アルテオンが7速DSG、A5スポーツバックは7速Sトロニックで、どちらも湿式のDCTである。

フォト:篠原晃一/K.Shinohara フォト:勝村大輔/D.Katsumura ル・ボラン2019年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!