ライントレース性ではミニJCW、ABSの安定制御で制動距離ではポロGTIに軍配?【清水和夫のDST】#97-3/4

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number97(SEASON.11):Bセグメントのホットハッチを標榜する、コンパクトスポーツの熾烈な覇権争い

フォルクスワーゲン・ポロGTI vs ミニ・ジョン・クーパー・ワークス/TEST02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

VW ポロ GTI vs MINI ジョンクーパーワークス 3ドアハッチ(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

MINI JOHN COOPER WORKS

ランフラットのピレリ・チントゥラートP7を装着し、標準は17インチだが、205/40R18を履くため、310kPaという高い内圧指定だった。FWDのため、フロントタイヤが摩耗していた。

 

VOLKSWAGEN POLO GTI

ウェット路に進入した瞬間にタイヤの接地感が薄くなった。ミシュラン・プライマシー3の溝は残っており、低転がり特性を持つコンパウンドを採用しているのだろう。ドライグリップは秀逸。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧