【比較試乗】「シトロエンC3 vs VWポロ&フィアット500X&スマート・フォーフォー・ブラバス」ライバル勢との比較で浮き彫りになるC3の唯我独尊

嶋田智之
AUTHOR

2017年7月に国内導入以来、予測を上回る2000台を超える販売台数を記録しているシトロエンのベストセラーコンパクト「C3」。エアバンプが特徴的な際立つルックスをはじめ、コダワリのインテリアなど魅力満載だ。ここでは、C3を軸に個性派ライバルとキャラクターを比較してみよう。

前年を上回りそうな勢いでヒットしているC3

シトロエンC3の売れ行きが好調らしい。3代目となる現行モデルは2017年の夏に国内発表されて、翌2018年には年間で2600台ほど、そして今年は最初の4カ月に900台近くが売れて前の年を上回りそうな勢いだ。一方で、例えばこのクラスの事実上の王者であるフォルクスワーゲン・ポロが2018年に1万2000台以上を登録してたりする事実もあるけれど、もともと日本におけるシトロエンのポジションは特殊なところに位置していて、昔から万人がこぞって手に入れたがる類とは言いづらい存在だった。何せ入り口からして少し解りにくい上、奥行きがどんななのか想像もしにくいから。なのに、売れ行きが好調に推移している。C3については個人的にも好感を持ってるし、思いのほか巷の関心が高いことを肌感覚で感じていたりもしたのだけど、出てきた数字には軽く驚いたのも事実。それは一体なぜなんだ? を探るのが、今回のミッションである。

CITROEN C3 SHINE/シトロエン C3 シャイン

比較検討のために用意されたクルマ達の中から最初に乗ってみたのは、王者ポロだった。あらためて感じるのは、死角らしい死角を見つけることのできない恐ろしいほどの総合力の高さと、ちょっとした無敵感だ。このクラスに求められるだけの実用性はほぼ完璧に満たしていて、乗り心地は快適。骨格も筋肉もしっかりしてる車体が生み出す走りはシャッキリしていて気持ちいいし動きも正確。トルクの出し方とパワーの伸ばし方の上手な!? エンジンは数値からは予想できない滑らかで活発な走りを提供してくれる。おまけに昨今のフォルクルワーゲンのスタイリングには野暮ったさが欠片もない。コンパクトハッチバックの侵しがたいベンチマークだ。それでいて211万9000円からという価格は見越した生産台数の莫大さの賜物に違いないけど、ユーザーにはこの上なくありがたいものであるのも確かなのだ。

フォト:宮門秀行/H.Miyakado ル・ボラン2019年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧