あぁ懐しの「ハチロク」! カローラ界の頂点をきわめたレビンとトレノ【世界の傑作車スケルトン図解】#24-1

複雑怪奇な現代社会へのアンチテーゼ

「ハチロク」の愛称で知られ、トヨタの新型車にまで名前が引き継がれたナツメロの名曲がAE86型のレビンとトレノ。デビュー当時すでに何も新しさはなかったが、さっくり描いた素直さが、かえってスポーツ心を波立たせた、複雑怪奇な現代社会へのアンチテーゼともいえる。

TOYOTA COROLLA LEVIN

1:マクファーソンストラット式フロントサスペンション
2:超高回転まで淀みなく吹けた4A-GEU型1587cc直列4気筒ツインカムエンジン
3:レビンは固定式ヘッドライト、姉妹車トレノはリトラクタブル
4:固定軸を4リンクとコイルスプリングで吊るリアサスペンション
5:後席を折り畳むと巨大な荷物を呑み込めた大きく実用的なテールゲート

TOYOTA COROLLA LEVIN

■生産年:1983〜1987年(4代目カローラレビン/トレノ)
■登録台数:13万6900台(含むトレノ)
■国籍:日本

Specification/TOYOTA COROLLA LEVIN(3-door 1600 GT-APEX)
■全長×全幅×全高=4200×1625×1335mm
■ホイールベース=2400mm
■車両重量=960kg
■エンジン種類=水冷直列4気筒DOHC
■排気量=1587cc
■最高出力=130ps(96kW)/6600rpm
■最大トルク=15.2kg-m(149Nm)/5200rpm
■トランスミッショッン形式=5速MT
■サスペンション形式=前 マクファーソンストラット、後 4リンク
■ブレーキ=前 ベンチレーテッドディスク、後 ディスク
■タイヤサイズ=185/70HR13

テクニカルイラスト:山田ジロー

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧