フランスを代表するホットハッチがシュペール5(サンク)GTターボ【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する“100万円でドロ沼に陥る!?”。今回はフランス製ホットハッチの定番モデルといえるルノー5GTターボと、その対象ともいえるマッタリ系タテ置き5の2台。あなたのお好みは?

ルノー・シュペール・サンクとは?

1984年に登場した2代目サンクは、先代と差別化するためシュペール・サンクと命名された。内外装のデザインはマルチェロ・ガンディーニが手がけている。1980年代のトレンドといえるフラッシュサーフェス・ボディは今見ても斬新だ。走りに特化したGTターボや豪華な内装をもつバカラ。さらにサンクをベースとしたエクスプレスなど、多彩なラインアップを誇った。

ロケット発射準備OK

ルノー、いやフランスを代表するホットハッチとしてシュペール5(サンク)GTターボの名を上げる人は多いだろう。このモデルは、初代サンク・シリーズの中で、最も刺激的なスペックを持ったサンク・アルピーヌ・ターボの後継モデルとして1983年に登場した。

ぎっしり詰まったエンジンルーム:横置き直列4気筒OHVユニットは排気量1397ccで、ターボチャージャーが組み合わされ、最高出力は120HPを発揮。補機類などが追加されてNAモデルよりはスペースに余裕がないため、ヒート対策は万全にしておきたい。

シュペール・サンクの内外装デザインは、イタリア人デザイナーのマルチェロ・ガンディーニが手がけており、1980年代のトレンドといえるフラッシュサーフェスを取り入れたスタイルは、今見ても魅力的だ。ドアハンドルをボディプレスの裏に隠すなど極力段差をなくし、フラッシュサーフェスを具現化したシュペール・サンクだが、GTターボではそんなコンセプトに逆らうかのように、前後に張り出したオーバーフェンダーを装着。しかし、意外にもデザインとのマッチングは良好で、ベースモデルとは一線を画す存在感を手に入れた。

実用性の高さは初代からの美点:シートは座り心地が良く、ロングドライブが苦になることはなさそうだ。フロントシートは年式相応にやれているが、リアのコンディションは非常に良かった。天張りの状態も良好で、擦れや垂れはない。リアのシートは、ダブルフォールディング機構を採用し、荷室との段差を極力なくし、より多く収納できるように工夫されている。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:内藤敬仁/Takahito NAITO カー・マガジン448号(2015年10月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧