【サーキット試乗】「レクサスRC/RC F」サーキット走行でわかった高い総合性能

萩原秀輝
AUTHOR
2019/07/12 11:15

RC Fはサーキットでの走りがダントツで楽しい

レクサスRC Fは登場から5年目となる2019年のデトロイト・ショーで世界初公開。新型は高性能なV8エンジンとサスペンション、そして空力性能とあらゆる点に改良が加えられているという。その実力を確かめるべく「RC」とともに富士スピードウェイで試乗した。

レクサスにとって、モデル名に加わる“F”は特別な称号である。開発テーマは「公道からサーキットまでシームレスに走りを楽しめること」としている。現在、GSとRCにFの称号が与えられている。そして今回、RC Fのマイナーチェンジを実施。単なるフェイスリフトではなく、軽量化と空力性能の向上に加えエンジンとシャシーの進化も実現。その結果、限界性能が高くなり優れた操縦安定性も獲得したという。

5L V型8気筒エンジンは自然吸気式。吸気系は完全な新設計でアクセル操作に対する応答性が向上しているという。最高出力の上乗せは4psだが、デフの最終減速を下げ加速の鋭さを増している。

実際に、試乗の舞台となった富士スピードウェイのレーシングコースでは想像以上の走りが体験できた。左ヘアピンカーブの立ち上がりから続く右300Rは、アクセルを床まで踏み込んだまま駆けぬけるコーナーだ。300Rといえば高速道のキツいコーナーと一致し出口では200km/hオーバーに達するだけに、超高性能モデルともなるとかなりの緊張が強いられる。ところが、RC Fのアクセルを踏み続けることに何のためらいもいらない。それどころか、コーナリング限界まではまだ奥行きアリという実感さえ得た。

新型RC Fはベースモデルも従来型と比べ20kg軽量化。このカーボンエクステリアパッケージはボンネット、ルーフ、アクティブリアウイングをCFRP製としさらに10kg軽減している。

リポート:萩原秀輝/H.Hagihara フォト:小林俊樹/T.Kobayashi  ル・ボラン2019年8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧