フィードバックの少ないトヨタ・クラウンと安定性重視で設定されたBMW 440iの対決結果は?【清水和夫のDST】#95-3/4

2019/07/11 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number95(SEASON.11):ニュルで鍛えたシャシー性能を武器に強豪440iに挑んだ新型クラウン

トヨタ・クラウン 2.0 RSアドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

トヨタ クラウン 2.0 RS アドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ(ウェット旋回ブレーキ編)

タイヤコンデション

BMW 440i GRANCOUPE M SPORT

ランフラットタイヤを標準装着するが、タイヤの剛性感はとても高く感じられた。タイヤ溝は全輪6mm以上で、ウェット性能はハイドロプレーンが起きにくく満足できたが、接地感はやや物足りない印象。

 

TOYOTA CROWN 2.0 RS ADVANCE

回転半径を考慮してか、タイヤの外径(225/45R18)はやや細い。ウェット性能はまずまずで合格点レベルだが、舵の効きが甘かったのは気になった。その原因はタイヤなのか、サスペンションなのか!?

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧