制動距離ではBMW440iを上回ったトヨタ・クラウンだがフィールの部分では不満も残る!?【清水和夫のDST】#95-2/4

2019/07/10 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number95(SEASON.11):ニュルで鍛えたシャシー性能を武器に強豪440iに挑んだ新型クラウン

トヨタ・クラウン 2.0 RSアドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ/Test01:加減速テスト

テストの「方法」「狙い」
●加速テスト:静止状態からフル加速し、100km/hに到達するまでの時間から平均加速Gを算出。非力なクルマは0.15G程度、高性能車では0.6Gに達するクルマもある。エンジン、トランスミッション、トラクションのかかり方といった、パワートレイン全体の能力をみる。
●ブレーキテスト:100km/hからフルブレーキング、停止するまでの時間から平均減速Gを算出する。減速Gはどんなクルマでも0.8G-1.2G程度だが、加速Gに対応した減速Gを持っていることが重要。そうでないクルマは危険といえる。

トヨタ クラウン 2.0 RS アドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ(加速編)

トヨタ クラウン 2.0 RS アドバンス vs BMW 440i グランクーペ Mスポーツ(減速編)

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧