「アテンザ」あらため「マツダ6」の予約受注がスタート

H.Tanaka
AUTHOR
2019/07/08 10:00

新たに2.5Lガソリンターボ仕様を設定

マツダは、フラッグシップモデルの「マツダ・アテンザ」を「マツダ6」へと車名変更。新たに2.5Lガソリンターボエンジンの「SKYACTIV-G 2.5T」搭載車を導入し、7月4日より予約受注を開始した(発売は8月1日を予定)。消費税込みの車両本体価格は、2Lガソリンエンジン搭載車が2,840,400~3,034,800円。2.5Lガソリンエンジン搭載車が3,569,400円で、2.2Lクリーンディーゼルエンジン搭載車は3,250,800円~4,217,400円。そして新設定の2.5Lガソリンターボエンジン搭載車が4,239,000円となっている。

マツダ6は、「本質にこだわる大人が夢中になれる、落ち着いたエレガンスと爽快なダイナミクスを兼ね備えたドライバーズカー」がコンセプト。躍動的で品格を感じさせるエクステリア、上質な素材を用いた落ち着きのあるインテリア、五感を刺激するきめ細やかな造り込み、心にゆとりの持てるドライブを可能にする走行性能など、幅広い領域においてフラッグシップとしてふさわしい質感や性能が追求されている。

今回ラインアップに加わったSKYACTIV-G 2.5T(グレードは「25T Sパッケージ」)」は、アクセルレスポンスの良さと4L V8自然吸気ガソリンエンジン並みのトルクが生み出す力強さと心地良い加速フィール、そして高揚感を感じさせるエンジンサウンドを実現しているという。

このエンジンを搭載するモデルには、加速重視で選択したファイナルギア比や高いブレーキ性能を生み出す17インチの大径フロントブレーキを採用。さらに、スポーティさを演出するブラック塗装のホイールとブラックレザーインテリアを専用設定し、上質さと走りへの期待感を高めたモデルに仕上げられている。

装備面では、より安心感のある走りを実現する「G-ベクタリング コントロール プラス(GVCプラス)」を全グレードに標準設定。旋回中~ターンアウト時の安定性・収束性を向上させるブレーキ制御で、さまざまなシーンでクルマと人の一体感を高め、安心、安全なステアリング操作性を実現し走行性能を向上させている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧