“ビッグ”なつづらと”ミニ”なつづら、選ぶならどちら?【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

2019/07/04 08:00

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回はミニとビッグホーンの2台を取り上げます。なんと2台併せて100万円! 大きなつづらと小さなつづら、あなたのお好みはどちら?

アニバーサリーイヤーを、ミニ1000と共に楽しむ

2019年最初の100ドロは趣味車の定番ミニを紹介する。取り上げるのはインジェクションではなく、SUキャブを備える排気量998ccの1988年式ローバー・ミニ1000だ。

試乗した際には、2速へ無造作にシフトチェンジするとギッと音を出してしまうことがあったがダブルクラッチを踏めば問題なし。一般道とあわせて高速道路も走ったが、100km/h巡行も難なくこなしてくれた。とにかく吹け上がりが軽快で、前オーナーの下でしっかりとメンテナンスされてきたことが感じられた。

エンジン排気量は998ccでトランスミッションは4速マニュアル。エンジンをかけて、アクセルを少しあおれば、すぐにでも走り出したくなるほど機関は好調だった。クーラー搭載車とあって、エンジンルームはご覧の通りミッチリ。

一方ボディペイントは、左フェンダーなど所々色が褪せているが、こちらは修復後に納車されるとのこと。ホイールはオリジナルサイズの12インチだが、コズミックやミニライトの10インチもストックされているそうなので、変更希望の方は相談すると良いだろう。

オリジナルにこだわるかそのまま乗るか、あるいは好みに仕上げていくかを選択できるのも嬉しいところ。写真ではキレイに見えるが、ボディペイントは所々色褪せあり。ただし、納車前に補修されるとのことだった。

ただし、いじりだしたら止まらない“ミニのドロ沼”へ陥る可能性大。実に危険な売り物だがこれこそ100ドロの魅力といえる。
干支にちなんで猪突猛進、ミニの世界に飛び込もう。それに今年はミニ誕生60周年。これほどミニに乗る理由付けが揃う年はない!

シートに破れなどは見られないが年式相応のヤレはある。一度取り外して、クリーニングするのが賢明だろう。センターメーターで、雰囲気よくまとめられたインテリア。車検は来年の7月までとたっぷり残る。

1988 Rover mini 1000

車両本体価格:630,000円
ミニマリズム度 ★★★★★
実用度 ★★★
ドロ沼度 ★★★★★

“アブナイ”香りがプンプン
今でも新車が作れるほどにパーツは豊富で、また専門店も多数あるため乗るためのハードルはかなり低い。だが、その魅力の深さは底なしで、一度はまってしまうと抜け出せなくなること必至。それゆえに、ドロ沼度はMAX。

 

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:佐藤亮太/Ryota SATO カー・マガジン489号(2019年3月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧