「トヨタ・アクア」が装備を筆頭にアップデート、安全&安心度がアップ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/07/03 17:00

ビジネスユースに最適な仕様もラインアップ

トヨタは、「アクア」を一部改良するとともにビジネスでの使用に最適な特別仕様車「S“ビジネスパッケージ”」を設定。7月1日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、標準モデルが1,785,240~2,086,560円、S“ビジネスパッケージ”は1,917,000円、「S“スタイルブラック”」は2,049,840円、「クロスオーバー“Glam”」が2,158,920円、そしてウェルキャブは1,994,760~2,810,000円となっている。

今回の一部改良では、駐車時に車両周辺の状況をナビゲーション画面で確認できるパノラミックビューモニターを新たに設定。また、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーには、車両後退時に助手席側の鏡面が自動で下向きになり駐車ラインなどの確認が容易になるリバース連動機能を採用している。さらにドアミラーには、付着した霜や曇りを取り除くヒーターを全車に標準装備している。

外装はフロントグリルとホイールキャップの意匠、リヤコンビネーションランプの加飾を変更し、外板色には新規設定色サーモテクトライムグリーン(オプション)を含む全11色(クロスオーバーは全12色)を設定した。

内装は、「G」グレードのシート表皮をダークブラウン基調としたほか、「S」グレードの内装色にレッドを選択した場合、インスツルメントパネルの助手席側カラーをブラックに、レジスターリングをレッドに変更するなど落ち着きのある印象を付与している。

特別仕様車のS“ビジネスパッケージ”は、Sグレードをベースにビジネス用途に合わせて装備を厳選したほか内装色にナチュラルグレーを採用。また、衝突回避支援パッケージのトヨタ・セーフティ・センス、インテリジェントクリアランスソナー[パーキングサポートブレーキ(静止物)]、荷物の積載に優れたフルフラットデッキボードなど、安全・安心・便利機能を特別装備。ビジネスシーンでの活用に適した仕様となっている。なお、外板色はスーパーホワイトⅡを含む全3色。

そのほか、好評の特別仕様車 S“スタイルブラック”とクロスオーバー“Glam”は、装備を充実させ新設定。前者は専用LEDヘッドランプやナビレディパッケージを特別装備、シートには車内消臭・防汚・撥水機能付の高機能表皮を採用した。そして後者はナビレディパッケージを特別装備したほか、アウトサイドハンドルにメッキ加飾を施すなど、より魅力的な仕様となっている。

なお、ウェルキャブ(メーカー完成特装車)においてもベース車と同様の改良を実施しているほか、アクアは「KINTO ONE」の車種ラインアップに追加、購入することができるようになった。

アクア 車両情報
https://toyota.jp/aqua/
アクア 特別仕様車 S“ビジネスパッケージ” 車両情報
https://toyota.jp/aqua/grade/special3/
アクア ウェルキャブ 車両情報
https://toyota.jp/aqua/welcab/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧