【海外試乗】「メルセデス・ベンツGLC」ミッドサイズSUVのベストセラーがフェイスリフト

2019/06/30 14:00

引いた手綱は緩めない!

もはや世界中の自動車メーカーにとって稼ぎ頭となっているSUVの中で、その主役といえるのが、軽快感と存在感を合わせ持つミッドサイズ。今回、文字通りメルセデスSUVの中核を成すGLCがフェイスリフトを受けた。公式な発表はないものの、実は走りも確実にアップデートされていた!

滑らかなルーフラインが視覚的なハイライトとなるGLCクーペ。メルセデスとメルセデスAMGの両ブランドで全グレードに設定。

メルセデス・ベンツのGLCファミリーがマイナーチェンジを受けた。そのポイントは、主に①外観のデザイン変更、②パワーユニットのアップデート、③MBUXの搭載の3点に集約される。
フェイスリフトはフロントマスクが最新のメルセデス・デザインで統一され、それまでのややきついつり目が穏やかな表情にあらためられた。同様にテールライトも手直しを受けている。

MBUXを得てダッシュボード上のディスプレイが大型化された新型GLC。ステアリングの操作系も最新世代のそれに置き換わっている。

パワーユニットについては、GLC300に搭載される4気筒ガソリンが新世代に切り替わり、ベルト駆動の48Vマイルドハイブリッドを搭載。また、ディーゼルは排ガス後処理装置が改良されたほか、出力も向上している。
「ヘイ、メルセデス!」で起動する音声認識装置を盛り込んだMBUXについては、あらためて紹介するまでもないだろう。
最初に試乗したGLC300dは日本では販売されないものの、ディーゼル特有の燃焼音は現行GLC220dと比べて明らかに小さく、アイドリング時の振動も減少。洗練度が一層増している。日本にはチューン違いのGLC220dが導入される見通しだが、エンジンは基本的に300d用と同じなので、ノイズや振動に関しては同様の改善が期待できる。

シートまわりに大きな変更は認められなかったが、本国仕様ではスポーツシートやガラスサンルーフなどがオプションで用意される。

シートまわりに大きな変更は認められなかったが、本国仕様ではスポーツシートやガラスサンルーフなどがオプションで用意される。

それとともにGLC300dで驚かされたのがエアサスペンションの効果。金属バネ仕様の現行モデルに比べて路面から伝わるゴツゴツ感が明らかに軽いうえに、荒れた路面でもフラットな姿勢を崩そうとしない。メルセデスのエアサスはおしなべて完成度が高いが、GLCも例外ではないようだ。マイナーチェンジ後は日本仕様にもエアサスが用意されるとのことなので大いに楽しみだ。

 

リポート:大谷達也/T.Otani フォト:メルセデス・ベンツ日本/MERCEDES-BENZ JAPAN  ル・ボラン8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧