【海外試乗】「メルセデス・ベンツVクラス」もう商用車ベースとは言わせない!

AUTHOR
2019/06/22 14:00

発売5年後のビッグマイナーチェンジ

実は現在、正規ディーラーでも大人気車種であったハズのVクラスディーゼルV220dが、公式サイトから姿を消しているのをご存知だろうか。そう、間もなく日本にも新型がやってくるのだ。今は旧モデルの在庫一斉処分が終わった、モデル移行期間の真只中ってワケ。こうなると俄然、新型購入にボルテージが高まる諸兄も多いだろう。日本には2020年に導入予定の新型Vクラスに、スペインで試乗するチャンスを得たのでレポートしたい。

まず、新型に関してはフルモデルチェンジではなく、ビッグマイナーチェンジという位置付けだ。しかし、大きな変更が2点、加えられることになる。ひとつはパワートレーンの変更、そしてもう一点は生産ラインの移行だ。そしてキーワードは「商用ベースからパッセンジャーカーへ」。順に見てみよう。

まず外観から。エクステリアやインテリアも若干のブラッシュアップが加えられているが、ご覧の通り、大筋はキープコンセプトに留まっている。しかし、ここでも「パッセンジャーカーに寄せた」デザイン手法は多々取り入れられていて、最低限の変更ながらキリッとスタイリッシュに生まれ変わっている。具体的にはグリル下部に配された直線基調のエアインレット形状が変更されたほか、他モデルでも上級グレードに用意されることの多いダイヤモンドグリルがグレードによって採用された。また、AMGのデザイン要素を取り入れた「AMGライン」がラインアップに追加される。さらに本国では4つの新しい外装色と4つの新しいホイールデザインも用意されたのだが、日本にどれが入ってくるのかは未定だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧