マツダ、シブ過ぎるでしょ! サビに続いて「溶接」って……「マツダ3」は見えないところも革新的!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/21 16:00

クルマの大敵、錆に強い世界初の溶接方法を採用

マツダは「2018年度(第49回)日本溶接協会賞」において、神戸製鋼との共同開発による「自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセスの実用化」で技術賞(本賞)を受賞した。

日本溶接協会賞は1970年に設けられ、一般社団法人日本溶接協会が日本の溶接界に多大な貢献があった者を顕彰するもの。技術賞(本賞)は、日本の溶接技術の発展に寄与した技術を開発した者に与えられるものだが、マツダの日本溶接協会技術賞の受賞は今回が初だとか。その表彰式は2019年6月12日に東京ガーデンパレスで行なわれている。

受賞した自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセスは、足回り部品の防錆性能を高める画期的な製造方法であり、量産車としては「マツダ3」が世界初採用。マツダでは、今後順次他の車種に展開する予定となっている。

近年、環境性能や走行性能の向上のため、車両軽量化が積極的に進められている。しかし、車両軽量化には鋼板の薄板化が不可欠な一方、薄板化においては接合部の性能確保が課題で、そのために連続接合可能なアーク溶接が多用されている。

このアーク溶接では、溶接ビード上にスラグが発生・付着した場合に錆の原因となり、耐食性の向上が課題だった。そこでマツダと神戸製鋼は、スラグの発生メカニズムまでさかのぼりアーク溶接のシールドガス中のCO2量を最適化。新型溶接ワイヤー「MIX-1MS」の共同開発を行ない自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセスを考案した。さらに新プロセスの安定化を図るため、シールドノズルの径を最適化することでスラグの発生を大幅に減らすことに成功している。

■技術賞(本賞)

受賞対象:自動車足回り向けスラグ低減溶接プロセスの実用化

受賞者:
井海 和也 氏 神戸製鋼所・溶接事業部門
山崎 亮太 氏 神戸製鋼所・溶接事業部門
鈴木 励一 氏 神戸製鋼所・技術開発本部
田中 正顕 氏 マツダ・車両開発本部
深堀 貢 氏 マツダ・技術研究所

<関連記事>
シ、シブ過ぎる! 切実なクルマとサビの研究開発でマツダが技術賞を受賞

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧