ルノーR.S.の魅力にとっぷりと浸れる戦闘機を手に入れる【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

レースで培ったノウハウが惜しみなく注がれた点が魅力のR.S.モデル

2001 ルノー・クリオ・カップ

車両本体価格:2,500,000円
役モノ度 ★★★★★
実用度 ★
ドロ沼度 ★★★★

ルノー・スポールのコンプリートカーを所有し、走らせる歓び。シングルシーター、シーケンシャルシフト……などサーキット専用らしく魅力的な言葉のオンパレード。走行シーンは限られるが、このクルマに限って言えばそこも魅力。車両価格は250万円+税で、整備メニューは要相談。

カップカーならではの出で立ち:エンジンはルーテシアR.S.に準じ、トランスミッションはシーケンシャルの6速。内装や遮音材は当然ながら一切なし。計器類は必要最小限でレブカウンターが特等席に陣取るのはレーシングマシーンならでは。シートは運転席のみで、車検非対応のヘッドガード付きフルバケットタイプだ。溶接されたロールケージはFIA規格に準じる。

憧れのシーケンシャル:剛性感たっぷりのシフターは手前がアップで奥がダウン。これを操作する姿をイメージするだけでも気分は昂る。ワイパーなどのスイッチが集約されたコントロールボックスは、シフター右に備わる。

2009 ルノー・メガーヌR26.R

車両本体価格:3,500,000円
役モノ度 ★★★★
R.S.度 ★★★★
ドロ沼度 ★★★

メガーヌF1チームR26をベースに、123kgもの軽量化を達成。ニュルでFF最速をマークした450台の限定モデルだ。とはいえ、動かすだけならM/T免許があれば問題なし。ただし速く走らせようとすれば、底が見えないほど奥深い。

クセのなさはむしろ驚き:エンジンは2リッターの直4ターボで最高出力は230HP。低速トルクがあり、ドッカンターボでもないためとても扱いやすい。トランスミッションはHパターンの6速M/T。エアコンも装着されているため夏場は暑くて乗れない、なんてことはなし。センターコンソールには、国内輸入1号車を示すプラークが張られている。

王道メニューで性能アップ:本来のリアシートスペースには4点式のロールケージとタワーバーが備わる。スペースこそ広いが、大きな荷物を積むことは難しい。フルバケと6点式シートベルトの組み合わせ。リアウインドーもポリカーボネイト製だ。

2001 ルノー・ルーテシアR.S.

車両本体価格:1,080,000円

レッドリストに掲載間近!? R.S.の走りと装備を今なお味わえる貴重なウリモノの極上のルーテシアR.S.は車両本体価格108万円+税。経年変化で色褪せやすいプラスチックパーツはリペイント済み。またボディペイントも2016年にガラス&モール類を外して純正色で丁寧に塗り直されている。

ダメージを受けやすいレザー×アルカンターラコンビのシートは擦れもなく、ショルダー部分にもダメージは見られない。ダッシュにもひび割れなし。走行距離3万8000kmを下回るというのも納得だ。動かさず長年眠っていたという訳ではなく、エンジンマウントやサブタンクなどは交換済みで、しっかりとメンテナンスされ各部整備済みが嬉しい。

【SHOP INFORMATION】
J.ENGINE(ジェイ・エンジン)
住所:埼玉県川口市東領家4-19-8/電話:048-225-5040/営業時間:10:00-18:00/定休日:火曜日(月曜日が祝日の場合は月曜休みで火曜日営業)

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:山本佳吾/Keigo YAMAMOTO カー・マガジン478号(2018年104

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧