【国内試乗】「ホンダ アクセス・S660ネオクラシック」は唯一無二の存在感!

嶋田智之
AUTHOR
2019/06/11 11:00

S660をベースにクラシカルなスタイリングへカスタマイズ!

ホンダアクセスが2016年の東京オートサロンに出展した「S660ネオクラシックコンセプト」は、レトロでキュートなスタイルで人気を博していた。それをもとに誕生したのが今回紹介する「S660ネオクラシックキット」である。これはユーズドカー装着を想定するという珍しいパーツキットなのだ。

S660ネオクラシックは、フェンダー、フロントバンパー、ヘッドライト、グリル、フロントフードを交換することでノーマルとは全く異なる雰囲気に。丸型のヘッドライトは’67年に発売された「N360」を彷彿とさせる。なお、エンジンやインテリアに変更点はない。

クルマ好きである以上、走らせて楽しいクルマに乗りたいものだ。そして、できることならありふれたクルマでなく、自分の個性や好みをほんのりと匂わせることのできるクルマに乗りたい。世界で最もミニマムなミッドシップスポーツカーであるホンダS660は、そういう意味ではまさにうってつけの存在だと思う。発案から市販に至るまでの開発に従事した人達の熱く深いストーリー。唯一無二の存在感。実際にドライブしたときの爽快なフィール。車体や排気量の小ささからすれば意外なほどのコーナリングスピード。クルマ好きとして気持ちを素直にシンクロさせられる要素がたくさんある。スポーツギアとしても日々の気分転換の相棒としても、実に気持ちよくつきあえる1台なのだ。

そのS660を素材にしてホンダの純正アクセサリーメーカーであるホンダアクセスが手を入れた、“S660ネオクラシック”。それがなかなか面白い。日本の歴史的な名車であるS600/S800あたりを連想させる、丸型ヘッドランプの柔らかな顔つき。オリジナルのS660よりもクーペらしい塊感を見せる、ルーフからテールへの意匠。どことなく懐かしさを感じさせる、丸形テールランプを持つリア周り。シャープな雰囲気のS660から全く別のクルマへと変貌を遂げている。懐かしいような新しいような、何ともいえないなごやかさに心惹かれる。

フォト:郡大二郎/D.Kori ル・ボラン2019年7月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧