【国内試乗】ボルボXC90にディーゼルの「D5」が追加ラインアップ!

2019/06/07 11:00

上品だけど、しっかりディーゼル

新世代ボルボのローンチは、2016年にリリースされたXC90から始まった。その躍進のストーリーは周知の通りだが、先陣を切ったXC90のディーゼル搭載モデルが国内に導入され、ステアリングを握る機会を得た。今後は電動化にシフトして突き進む同社だけに、内燃機関の最終ブラッシュアップも気になるところだ。

庄内空港からスタートして、酒田市内を散策し、新庄市へと抜けるワインディングなどで試乗を行なった。

ボルボの新世代アーキテクチャーとして開発されたSPAを一番最初に擁したのは、同社のフラッグシップコードを司るXC90。その後、S/V90、XC60、S/V60と展開されていったが、ご存知のようにXC60、XC40が日本カー・オブ・ザ・イヤーを2年連続で受賞。現在もボルボ躍進の歩幅を狭めることなく、2018年の車名別の輸入車販売台数ベスト20に入っている非ドイツ系はボルボのみ。12位に60シリーズ、6位に40シリーズが食い込むが、XC40が予想を上回る発注数だったため、一部の供給が2019年度に持ち越された。今年、ライバルたちは本当にうかうかしていられない。

酒田市にある土蔵作りの山居(さんきょ)倉庫は、現在も米穀倉庫としては現役。日本の古い建造物とXC90のスタイリングは、相性が良いことにも気付かされた。

そんなよくできた弟分たちの活躍が目立った2017年、2018年だったが、久方ぶりに長兄XC90に新しいパワーユニット「D5」が加わり、そのパフォーマンスを試す機会を得た。
価格的には、既にラインナップするガソリンターボのT5(789万円から)とガソリンターボ+スーパーチャージャーのT6(954万円から)の間を埋めるディーゼルターボと、その役回りはある種既定路線だが、動的な部分はひと言で“ディーゼルらしい仕上がり”では片付けられない。結論をいえば、ディーゼル固有の音や振動の類は、法定速度域で走る限り、ほとんど感じないところまで丁寧になめされている印象。そして、最大のキモは走り出しの滑らかさだ。

リポート:佐藤 玄/G.Sato フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン2019年7月号より転載

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧