ユーティリティが一層アップ! メルセデス・ベンツが「新型Bクラス」を発表

相澤隆之
AUTHOR
2019/06/06 15:00

キャッチコピーは「B Happy!」

メルセデス・ベンツ日本は6月6日(木)、3代目となる「新型Bクラス」を発表、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始した。グレード・価格は1.4L直4ガソリンターボに7速DCTを組み合わせた「B180」が3,840,000円、2L直4ディーゼルターボに8速DCTの「B200d」が4,220,000円で、デリバリーはB180が7月頃、B200dが10月頃を予定しているとのことだ。

新型Bクラスは、先代モデルの広い室内空間と優れたユーティリティという特徴をさらに強化、よりスポーティかつラグジュアリーなエクステリアデザインと、高い質感と若々しさを感じさせるインテリアデザインが採用された。また、新しいマルチメディアシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)」や、フラッグシップモデルであるSクラスに搭載されている、最新の安全運転支援システムを採用するなど、多くの機能が取り入れられたのも特徴だ。

エクステリアのデザインは、Aクラスのコンセプトを継承し、上下方向に細いヘッドライトデザインに低いフロントエンド、ボディの たくましいショルダーなどが、スポーティさを強調。リアエンドもワイド&ローな印象の、上下方向に細く、横に長い、2分割型コンビネーションランプが採用されている。空力性能も向上しており、Cd値は0.24を実現しているという。

一方インテリアもAクラスの基本的デザインを踏襲、ダッシュボードはインストゥルメントクラスター上方のカウルを廃止し、ワイドスクリーンディスプレイを上部に置くことで、 より解放感があり、横方向のワイドさを強調するデザインになっている。また、ダッシュボードの中央部と助手席前部の一部が切り取られているように凹んでいるデザインとなっているのも特徴で、これによりシンプルで 室内空間の広さを強調している。

Bクラスの特長である広い室内空間とユーティリティはさらに強化。先代モデルでも定評のあった広い室内空間は、前席の室内幅が1456mmと33mm、フロントのヘッドルームも1052mmと5mm拡大された。リアシートのバックレストは40:20:40の分割可倒式を採用するなど、様々な使い方に柔軟に対応することができる。

また、Aクラスと同じく対話型インフォテインメントシステムであるMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)を搭載。こちらは「Hi(ハイ), Mercedes(メルセデス)」をキーワードに起動し、自然対話式音声認識機能を備えたボイスコント ロールにより、インフォテインメントおよび車両操作関連の自然な言語を認識、理解ができる。例えば、エアコンの温度を下げる場合、「温度24度」という明確な指示ではなくても、「暑い」と言えば理解してくれる。さらに人工知能による学習機能で、特定のユーザーに適応する個別対応能力を備えているため、クルマ、ドライバー、乗員の間に心の結びつきが育まれるという。スマートフォンのコネクティビティ関連機能も拡張されており、Qi規格対応機種の携帯電話を無線充電する「ワイヤレスチャージング機能」が全車に標準装備されている。

東京・青山の「SHARE GREEN MINAMI AOYAMA」で行われたメディア向け発表会では、今回コラボレーションしている「BEAMS」がプロデュースした車両や限定Tシャツが展示されたほか、BEAMS監修で人気イラストレーターの長場雄さんデザインのLINEスタンプも披露された。

発表会の冒頭にはメルセデス・ベンツ日本 代表取締役社長兼CEOの上野金太郎氏が挨拶、そして車両のアンベールはカラフルなTシャツを着たキッズが行うといった、Bクラスのキャラクターに合わせた演出が。その後営業企画部 商品企画2課の中山怜氏が商品説明のプレゼンテーションを行った。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧