こんなクロスオーバーもアリ? オフロードを攻める「ランボルギーニ・ウラカン」が登場!

AUTHOR

ウルスで実証したオフロードモデルのノウハウをウラカン・エボに注入

6月4日、ランボルギーニは「ウラカン」をベースにオフロードでの走破性を高めたコンセプト「ウラカン・ステラート」を発表した。

このコンセプトカーは、ランボルギー二の最新10気筒モデルである「ウラカン・エボ」をベースに、SUVの「ウルス」で実証されたオフロードモデルのノウハウを注入。最低地上高が47mmプラスされたほか、アプローチアングルで1%、ディパーチャーアングルは6.5%向上しオフロードでの走破性を高めている。トレッドも前後でそれぞれ30mm拡大され、装着されるタイヤは特別に開発された20インチだ。

外観は前後フェンダーにワイドなホイールアーチが追加されたほか、ボディ前後のスキッドプレートやアンダーボディへの補強によって圧倒的な存在感を放つ。フロント先端とルーフにはLEDライトを追加されている。インテリアでは軽量なチタン製ロールケージやアルミ製フロアパネル、カーボンシェルを用いた4点式シートベルト仕様のスポーツシートが採用。スポーティなオフローダーとしてのキャラクターが反映されている。

ランボルギーニでチーフ・テクニカル・オフィサーを務めるマウリツィオ・レッジャーニ氏はこのコンセプトを次のように紹介している。
「ウラカン・ステラートはランボルギーニの未来を形作ることへのコミットメントを示しています。オフロード機能を備えたこのスーパースポーツカーは、ウラカンの多様性を示し、さらにドライビングエモーションとパフォーマンスのベンチマークへの扉を開きます。ランボルギーニの研究開発および設計チームは絶えず新たな機会を模索し、ランボルギーニのブランドヘリテージに触発されながら、可能性に挑戦。当社のDNAのコア特性として予想外の結果をもたらしています」

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧