走りが楽しい「フィアット500」の限定MTモデルが発売

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/06 17:00

鮮やかなレッドのボディカラーと専用ホイールも装備

FCAジャパンは、「フィアット500」にマニュアルトランスミッションを採用した限定車「500Sマヌアーレ・ロッサ」を設定。2019年6月15日より、全国のフィアット正規ディーラーを通じて80台限定で販売を開始する。消費税込みの車両本体価格は2,460,000円だ。

イタリア語で “自ら操る”という意味の「Manuale(マヌアーレ)」と“赤”の意味の「Rossa(ロッサ)」を車名に含む「500Sマヌアーレ・ロッサ」は、「ツインエア・エンジン」+5速MTという、通常は設定のない組み合わせを実現した限定車。独特のフィーリングを生み出す2気筒ターボエンジンを自らの手で操ることで、日常の至るところでドライブの楽しみが堪能できる。

ボディカラーは、ファッショナブルな雰囲気で男女を問わず人気のパソドブレ・レッドを採用。それにダークグレーの専用15インチアルミホイールを組み合わせ、スポーティな雰囲気を引き立てている。また、マニュアルモデル専用のフォグランプ付きフロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーを装備しており、サテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、細部にもスポーティ感をアップさせる演出が加えられた。

インテリアは引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーがあしらわれ、洗練された雰囲気に仕上げられている。

装備については、レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネル、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付きのインフォテインメントシステムのUコネクト、スタート&ストップシステムなどが標準装備される。

500S マヌアーレ・ロッサ商品サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/500smanuale_rossa

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧