国際オリンピック委員会にFCVの「トヨタMIRAI」が納入!

H.Tanaka
AUTHOR
2019/06/06 18:00

納入の8台が「オリンピックハウス」でお披露目

トヨタは2019年6月4日、スイス・ローザンヌにて国際オリンピック委員会(以下、IOC)に燃料電池車の「MIRAI」を8台納車した。納車式は、IOCの新本部となるサステナビリティを追求した「オリンピックハウス」(6月23日竣工予定)で行なわれている。

式典には、IOCのワールドワイドパートナーであるトヨタ代表としてトヨタ・モーター・ヨーロッパ(以下、TME)のマット・ハリソン上級副社長をはじめIOCのマネージング・ディレクター(テレビ&マーケティング部門)のティモ・ルメ氏、デンブレビル・ディレクター(サスティナビリティ部門)のマリー・サロ氏らが出席した。

ティモ・ルメ氏は、以下のようにコメントしている。

「今月末にオリンピックハウスの落成、そして1年後に東京2020オリンピックを控え、IOCはトヨタとのモビリティ・パートナーシップを通じて挑戦し続けます。トヨタの持続可能なモビリティ・ソリューションは、オリンピックハウスの環境への取り組みを支えるとともに、スイス全国はもとより大会が開催される都市・国において持続可能な移動を実現します」

マリー・サロ氏は、このように述べている。

「サステナビリティはオリンピック・ムーブメントの核であり、未来に向けた戦略的ロードマップであるオリンピック・アジェンダ2020の重要な柱です。同じビジョンを共有するトヨタとのコラボレーションを通じ、オリンピック・アジェンダ2020を強力に推し進めてまいります。MIRAIの導入は、我々の日々の活動の中での大きな節目であると同時に、将来のグリーンなモビリティのあり方を具現化しています」

一方、TMEのマット・ハリソン上級副社長はこのようにコメント。

「トヨタは、東京2020大会で水素社会の実現を核としたモビリティ・ソリューションの提供を目標としており、IOCへのMIRAI納車は、当社の燃料電池技術普及への取り組みの強力なコミットメントの現れです」

トヨタは、2015年にIOC「TOP(ザ・オリンピック・パートナー)」契約(オリンピックの最高レベルのグローバルスポンサーシッププログラム)を締結。「オリンピック・ムーブメント」における初のワールドワイドなモビリティ領域のパートナーになったことで、「オリンピック・アジェンダ2020」に則り東京2020大会をはじめ大会への持続可能なモビリティ・ソリューションの提供を目指している。東京2020大会では公式車両としてゼロエミッション車のMIRAIを提供するほか、燃料電池バスの「SORA」や豊田自動織機製の燃料電池フォークリフトなどで大会全体を側面支援する予定だ。

オリンピックハウスは、MIRAI導入に加え、持続可能な社会の実現に向けた取り組みとしてユーザーの健康を最適化しながらエネルギー、材質、水などの面で最も厳しい基準が採用、最高クラスの国際サステナビリティ認証を受けている。さらに、スイス初となる水素ステーションを一時的に導入。近隣に公共の水素ステーションが導入されるまで再生可能エネルギー由来の水素を製造し、MIRAIに水素を供給する予定だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧