ウェット路面ではシボレー・コルベットZ06、アウディRとも今後へ課題が残る結果に【清水和夫のDST】#89-3/4

2019/05/29 07:00

清水和夫のダイナミック・セイフティ・テスト(Dynamic Safety Test)

Number89 SEASON.9:リアルスポーツとして光る存在感、対極に位置するR8スパイダーとZ06

シボレー・コルベットZ06 vs アウディR8スパイダー/Test02:ウェット旋回ブレーキテスト

●テストの「方法」と「狙い」:ドライ路面からウェット路面に100km/h(±2%)で進入、半径40Rのカーブをフルブレーキングしながら曲がる。路面はハイドロプレーニングよりもウェットグリップが問われる水深5mmに設定。ABSやタイヤを含めたクルマの総合的なブレーキ性能と、シャシーの旋回性能(ラインが外に膨らむクルマは危険)をみる。

シボレー コルベットZ06 VS アウディ R8 スパイダー(ウェット旋回ブレーキ)

タイヤコンデション

AUDI R8 SPYDER

浅溝タイヤではないが、前後ともタイヤ山は半分くらいしか残っていなかった(フロントが5分山、リアが6分山)。さらにフロントタイヤのショルダー部分に、アンダーステアを重ねた痕跡が……。

CHEVROLET CORVETTE Z06

ミシュランの浅溝タイヤを履くが、新品でも5mm前後の溝しかなく、ウェット路では辛そうだ。ドライ路ではそのグリップと剛性感はトップレベルで、ステアリングの手応えも素晴らしかった。

リポート:清水和夫 フォト:篠原晃一 ル・ボラン 2018年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧