【チビカメKeigoのラリー漫遊記】フィンランド選手権イタラリー編

山本 佳吾
AUTHOR
2019/05/24 15:00

年7戦開催されるフィンランド選手権

沖縄は梅雨入りしたというのに、_前回までのスウェーデンに引き続き時間を少し戻して3月のフィンランド選手権の模様をお伝えしようと思います。フィンランドラリー選手権は1月に北極圏の玄関口でサンタクロース村があることで有名なロヴァニエミで開催される、ラップランドラリーを皮切りに年間7戦開催されています。うち前半の3戦がスノーラリーで残りがグラベルラリーです。

初のカタール航空でドーハ乗り継ぎ。噂には聞いてたけどめちゃくちゃ広い空港でした。オイルマネーすげー!

今回、僕が取材したのは第3戦イタラリー。ヘルシンキから東へ約450キロ。少し先はもうロシアとの国境にほど近いヨエンスーという小さな街が舞台です。観光でフィンランドを訪れる人は多いと思うけど、ヨエンスーまで行く人はほとんどいないだろうなあ。ヘルシンキの入国審査でも「ヨエンスー?何しに行くの?学生?」って聞かれました。あとでわかったことですが、ヨエンスーには大きな大学がふたつあり、学生街として知られているみたい。どうりで街に若者が多かったわけです。

ヨエンスーの中心街。地味ですねえ。

フィンランド国鉄の長距離列車。日本でいうと急行列車ですね。かなり快適。

こちらがヨエンスー駅。構内は広いけど駅舎自体はこじんまりしています。

何度来ても飽きないヘルシンキ中央駅。ヨーロッパの駅って最近の日本には無い旅情が溢れてます。

新雪が降り積もった登り坂でどうにもこうにも進まなくなって、最後の手段のASRオフ。スノーラリーあるあるです。

懐かしのKP61。なぜかフィンランドではいっぱい走ってるんですよ。しかもみんな速い!

トミマキネンレーシングのサービス。フィンランド選手権はWRカーが参加できるクラスもあるんです。

ヘルシンキからヨエンスーまでは車でも鉄道でも5時間ほどかかります。レンタカーで移動してもいいんだけど、今回、予算と時間の都合でカタール航空の深夜便を利用してドーハ経由でヘルシンキまで移動。ヘルシンキ到着時点でヘロヘロになってることが予想されたので、鉄道で移動しました。フィンランドをはじめ、ヨーロッパの鉄道の多くはwebで簡単に予約できる上に、早めに予約するとかなりお安く買えるのでおすすめ。昼過ぎにヘルシンキに着いて暗い雪道をレンタカーで移動するリスクを考えたら鉄道が安心です。ってのは半分言い訳で鉄ちゃんなので鉄道に乗りたいだけかも。そんなこんなで約5時間の快適な鉄道の旅を堪能。ヨエンスーに着いた時はすっかり夜でした。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧