トヨタGAZOOレーシングのニュル24時間レース前哨戦、そのリザルトは?

H.Tanaka
AUTHOR
2019/05/23 14:00

「レクサスLC」が総合24位で完走

トヨタGAZOOレーシング(TGR)は、ドイツ・ニュルブルクリンクで5月18~19日に開催されたニュルブルクリンク(以下ニュル)24時間レースの「予選レース 」(QFレース)に出場。「レクサスLC」が総合24位で完走した。一方、「GRスープラ」は走行中に燃料系のトラブルでストップ。修復してコースに復帰したが、周回数が足りず完走扱いにならなかった。

QFレースは、6月20~23日に開催されるニュル24時間レースと同様に2回の予選と、トップ30台のグリッドを決めるタイムアタックを実施。レースも6時間とVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)より2時間長く走る。ニュル24時間を見据えた最終調整として参加するチームが多く、TGRにとっても24時間レースに向けたGRスープラとLCの最終チェックの場となった。

レースには102台がエントリー。GRスープラは佐々木雅弘、ウヴェ・クリーン、ヘルフィ・ダーネンス、矢吹久の4選手がSP8Tクラスに、LCは土屋武士、蒲生尚弥、松井孝允、中山雄一の4選手がSP-Proクラスに出場した。

GRスープラは今年、VLNの第2戦と第3戦、LCも第1戦と第3戦に出場したが第1戦は霧でレース時間が短縮され、第2戦はスタート直後の大雪でレースが中止。第3戦も大雨で何度もセーフティカーが入るなど、ニュル特有の天候に悩まされた。QFレースの第1予選もドライコンディションから終盤には雨となり、GRスープラ、LCともに各ドライバーがそれぞれ違う種類のタイヤをチェックしながらの走行となった。

翌19日午前の第2予選も雨で、第1予選からのタイムアップが見込めないため、GRスープラは1次予選でのタイムをもとに、第1グループの43番グリッドからのスタート。LCはトップ30のタイムアタックに出場し、24番グリッドからのスタートとなった。

QFレースは98台がグリッドに並び、正午前にスタート。多くの車両がウエットタイヤでのスタートとなったが、スタート直後に路面はドライとなり続々とピットイン。GRスープラとLCも3周目までにはドライタイヤに交換している。ところが、スタートから約1時間半でGRスープラにトラブルが発生。エンジンに燃料が供給できなくなくなり、コース上でストップしてしまった。幸いにも原因を突き止め修理、コースに復帰するが車両の回収からコース復帰までに2時間超を費やしたため周回数が規定に足りず、完走扱いとはならなかった。

一方、LCは安定した走行を重ね、6時間走り切って完走。タイヤの種類違いによるドライバビリティの一貫性などに課題は残ったものの、24時間レースに向けた貴重なデータを獲得できた。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧