パワーに負けないメルセデス・ベンツS560の制動力、BMW M760Li のV12が生み出す強大なる推進力が魅力【清水和夫のDST】#88-2/4

パワーに負けないS560の制動力、V12が生み出す強大なる760Liの推進力

MERCEDES-BENZ S560 4MATIC LONG

加速:0.50G ★★★★☆/減速:1.04G ★★★★★

「12気筒を乗らずに死ねるか」とはエンジン好きの格言だが、メルセデスのV8は12気筒を知り尽くしたエンジニアが生み出したユニットなので、静かでトルクフルだ。9速ATとのマッチングが良く、先代のSクラスよりも確実に高級車として進化していた。加速力は0.50Gと十分な速さを示したが、いつ変速したのかわからないくらいスムーズなフィールが印象的だ。感心したのはブレーキ。なんともいえないアナログ的なフィールで、初期制動では最低限の減速Gが出て、ペダルは若干ストロークするものの、踏めば踏んだだけブレーキが効き、反応してくれる。数値では表せない加速感と減速感がある。

BMW M760Li xDrive
加速:0.62G ★★★★☆/減速:0.97G ★★★★☆

M760 Liは800Nmを超える最大トルクを有し、V12らしい淀みないエンジンフィールが際立っている。回転の上がり方がスムーズで、メルセデスのV8よりもスポーティである。やはりピストンの数がドライビングプレジャーに比例しているのかと考えてしまうが、M社の名に恥じないV12のパワーが味わえる。その加速Gはスーパースポーツ並みの0.62Gと速く、駆動方式は電子制御式のAWDのため、ビッグトルクは無駄なく路面に伝わる。ブレーキは約2.3トンのボディウェイトゆえに「ちゃんと止まるのか」、不安要素はあったが、ペダルフィールはややスポンジーなもののとても扱いやすい。

 

 

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2018年3月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧