日本上陸40周年を迎えたBMWアルピナの現在

ハイパフォーマンスでラグジュアリー、伝統のアルピナマジックは健在

BMW B4 S BITURBO COUPÉ

B4 SビターボとB3 Sビターボは、3Lの直列6気筒ツインターボを搭載する。同じ3Lの直列6気筒でも日本仕様のBMWにはMモデルを除きツインターボが存在しないため、アクセル操作に対する超正確なレスポンスが実感できるという意味でも価値がある。当然、アクセルを一気に踏み込めば凄まじい勢いでフル加速を開始するが、日常的な場面では強大なトルクを力強さの余裕として活用できる。

写真はB4 Sだが、標準のシート表皮はD4も同じダコタレザー。シートバックには、アルピナのメタル製エンブレムが付く。オプションで、より上質なメリノレザーが選択できるほかヘッドレストにロゴなどを入れることもできる。

D4ビターボとD3ビターボは、ディーゼルの3L直列6気筒ツインターボを搭載。このエンジンも、日本仕様の4/3シリーズには存在しない。さすがに4気筒とは異なり直列6気筒ならではの完ぺきな回転バランスが超スムーズな吹け上がりを実現。その過程で、ディーゼルであることを意識させない。高回転域も伸びやかであり、低いギアでは4800rpmくらいでトルクが絞られるが3速からは5200rpmまで引っ張っても胸のすくパワーが維持される。

B4 S/B3 S(写真左)のユニットはM4を110Nm上回るトルクを発揮。D4/D3のディーゼル(同右)は、パワーこそガソリン仕様より控えめだが最大トルクはプラス40Nmの700Nm。

また、そもそも4/3シリーズでは乗り味が異なる。3シリーズよりも4シリーズはフロント回りの剛性が高く、リアのトレッドを拡大し重心も低い。つまり、ドライビングダイナミクスのポテンシャルが高いわけだ。その結果、サスペンションを引き締めるまでもなく4シリーズはクーペにふさわしいスポーティさを得ている。

B4 Sにはカブリオレの設定もあるが、日本仕様のD4はクーペボディのみの設定だ。

それは、B4 S/D4とB3 S/D3の関係でも同じだ。B4 S/D4はよりスポーティであり、ステアリングを大きく切り込むコーナーが連続するワインディングロードを気持ちよく駆けぬける。走行モードを「SPORT」にすれば、舵角に対して超正確なダイレクト感あるハンドリングが楽しめる。

BMW B3 S&D3 BITURBO LIMOUSINE

その一方、走行モードがコンフォートならB4 SとD4、B3 SとD3のいずれも快適きわまる走りを提供。まさにハイパフォーマンスにしてラグジュアリー、というアルピナマジックを体現しているのだ。

インテリアにおけるディーゼルとガソリン仕様の違いはこちらもタコメーターのスケール程度。トリムパネルは、エルムウッドが標準になる。

シート表皮は写真のB3 Sがダコタレザーで、D3のスタンダードはブリーズクロス。レザーはオプション扱いになる。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧