第一印象でこのVW・パサートに決めました【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回はいつもの売り物紹介ではなく”買った編”。ポルシェ911や、ホンダS800を乗り継いだ。本誌広告担当ホンダが選んだVWパサートはドロ沼への入り口なのか!?

少々やれてはいますが、V6・2.8Lエンジンの気持ち良さは大満足

<購入の決め手はコレ>若草色のようなボディカラーはフレスコグリーンメタリック。明るく大好きな色合いで、購入に踏み切る大きな要因でした。所々変色はありますが、磨けば輝きを取り戻しそうです。ちなみにワゴンは3台目で、これまでにスバル・ランカスター、ボルボ850エステートを乗り継いでいます。

2017年の5月、石川県加賀市にある老舗スペシャルショップ『ガレージフクモト』へ打ち合せで訪問した時のこと。福本社長とツーリングと併せてクルマ談義にも花が咲き、コレクションされているヒストリック・ポルシェを見せていただくことに。そして保管場所まで移動する際に、言葉は悪いですがナンバーなしで放置されていた若草色のVWパサートV6フォーモーションが目に留まったのです。

<トルク豊かでなおかつ静か>搭載されるのは2.8L V型6気筒エンジン。6気筒狙いだったのでこれは外せません。トルクがあり滑らか。そしてやはり、VWのフラッグシップモデルとあって静か。40半ばを過ぎると、安楽に乗れるラグジュアリーなクルマは良いですね。

思わず福本社長に「このクルマどうしたんですか?」と尋ねると、「前のオーナーが大事に乗っていたんだけど、車検が切れるタイミングで別のクルマへ乗り換えたので下取りしたクルマなんだ。走行距離はちょっと伸びてるけど、コンディションは上々。でも2.8Lで税金が高い事もあり、なかなか売れないんだよ。でも廃車にするには勿体ないんで置いてあるんだ」との事。

<汚れは目立ちますがお気に入り>内装はオプション設定だった革張りのベージュです。運転席には使用感がありますが、助手席、後席ともコンディションは上々。色移りが心配なので、しばらくジーパンで乗るのはやめておきます。

目下私は、”6気筒エンジン”をキーワードに次のクルマを探しており、まさにこのパサートもリストに入っていました。若草色のフレスコグリーンメタリックのボディ色。さらにインテリアの、汚れが目立つからと敬遠しがちなベージュも私の大のお気に入り。これは良い。単刀直入に欲しい、乗りたいと思ったのでした。

<現状渡しではありますが……>そのまま受け取る予定でしたが、お言葉に甘えてひと通りチェックしていただきました。ドキドキの現状渡しですがまずはひと安心。

Text:本田和央/Photo:山本佳吾 Car MAGAZINE(編集部)/カー・マガジン471号(2017年9月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧