【海外試乗】間もなく本格上陸! シトロエンC3エアクロスは2CVの再来?

AUTHOR
2019/05/17 10:00

デザインよりも仕上げに見るべき点が多々ある

「NEWシトロエンC3エアクロス・コンパクトSUVロードショー」と銘打って、5月18日(土)~6月30日(日)の期間で全国8店舗のシトロエン販売店で先行展示を行っているシトロエンのC3エアクロス。ちょっとSUVルックなニューC3に続き、Bセグメント・コンパクトSUVの本命としてデビューしたその実力を、フランス本国試乗で試してみた。

リアビューもなかなかファニー度が高い。蛍光オレンジのアクセントを馴染ませる節度と配分のセンスは、他社が真似できない領域だ。

今回は、おもに欧州市場向けの1.6LディーゼルのBlueHD 130S&S(スタート&ストップ)+6速MT仕様と、日本仕様として可能性が高い1.2Lピュアテック110S&S+6速ATという、ふたつのパワートレインを試すことができた。感覚的な物言いながら、ディーゼルよりガソリンの方が好感触だったことは、久々だったと思う。欧州でガソリン回帰が進んだことを実感した。

ガソリン仕様は、3気筒1.2Lターボのピュアテック110スタート&ストップに、6速ATを組み合わせという、プジョー・シトロエンですでに定評あるパワートレインを採用。

C3エアクロスの特徴は、まずは外観だろう。シトロエンが「baroudeur(バルゥドゥール、好戦的なる者、の意)と呼ぶアクティブなデザインは、なるほどツワモノ風だ。だが全長4155×全幅1825×全高1630mmの外寸の中で実現されたそれは、少しデフォルメされたSUV。ようはハードな本格派SUVの「お洒落パロディ版」に見える。例によってパワートレインはFFのみ、4WDは用意されない。代わりにプジョー2008と同様に、氷雪路や砂、泥といった未舗装路面でESPの延長で駆動力を最適化するグリップコントロール機構は備わる。街中に重きがある「非・本格派」SUVであることに開き直っている訳だが、4WD化による重量増より、燃費やハンドリングを優先させた現実的な選択でもある。

ディーゼル、ガソリンともグレードは「シャイン」でファブリック内装だが、これがすこぶる出来がいい。前者は後者より明るいトーンで緑がかっており、ウール生地の風合いにヴィンテージ感すらある。後者はもっとスポーティな、濃いグレーでワッフル仕立ての生地。いずれも同じ生地がダッシュボードにまで張り込まれ、乗員の手肘や視線に固いプラスチックが無粋に触れることを、巧みに避けている。とてもインテリジェントな内装だ。

リポート&フォト:南陽一浩 K.Nanyo ル・ボラン2018年6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧