【国内試乗】「BMW 330i M Sport」期待の少し先にある世界

2019/05/17 13:00

BMWに誘われるがままにワインディングを駆けぬけた!

320i Mスポーツでの市街地と都市高速に続いて、試乗ステージはワインディングロードに。ここでは、当面のトップグレードに該当する330i Mスポーツに乗り換えて、その動力性能と新たに採用されたシャシー装備についても分析してみよう。

試乗車はMスポーツにオプション設定されるアッシュ・グレーブラウン・ファイン・ウッド・トリムを装備。スポーティでありながらシックな装いとなる。

臨場感タップリの加速フィールとフラットで刺激的なコーナリング

BMWはドライバーを巧みに走りの世界へと誘いかける。日常的な場面でも、「もっとアクセルを踏み込んでみたい」とか、「ステアリングを大きく切り込んでみたい」とか、そんな気持ちにさせてくれる。よく期待通りの反応という表現が使われるが、BMWの場合は少し異なる。絶妙な加減で、期待を超える反応を示すから、その先を確かめたくなるわけだ。
330iを走らせていると、そんな場面が少なくない。2L直列4気筒直噴ターボエンジンは、最大トルクが400Nmに達するだけに市街地を走らせていても力強さに倒的な余裕が確かめられる。さらに、開き過ぎた先行車との車間を調整するべく、アクセルを少し踏み込んだ際など、スポーツ表示のモニターのトルクメーターに視線を飛ばすと、フル加速ではなくても2000rpmで400Nmを発揮。同時に、走行モードが「COMFORT」のままでも低周波が強調されたエンジン音が聞こえてくる。そして、溢れ出るようなトルクが立ち上がり“オオッ”とばかりに刺激的な加速を開始する。

ブルーのステッチが入るヴァーネスカ・レザーのスポーツ・シートもオプションだ。
その先を確かめるため、高速道路の本線合流で「SPORT」モードを選んでアクセルを踏み続ければ、エンジンの爆発エネルギーの大きさを際立たせるような鼓動音が重なり、それが高回転域で連続音に変化していく臨場感タップリな演出だ。2速の守備範囲となる90km/hに達し、ゼブラゾーンが始まる6500rpmでも吹け上がりの勢いを残したままだ。実際に、Dレンジのままでもタコメーターの針がゼブラゾーンを切り裂く6700rpmでシフトアップとなる。
ワインディングロードでは2速フル加速のチャンスはないものの、中回転域を保ちながら3速までを使い分けて、コーナーを駆けぬけるだけでも十分に楽しめる。コーナー進入時に3速から2速へ。「SPORT+」モードなら、8速ATをパドルでマニュアル操作すれば電光石火のシフトチェンジだ。その切れ味の鋭さを体験した瞬間に、誰もが快感を覚えるに違いない。

リポート|萩原秀輝|H.Hagihara フォト|柳田由人|Y.Yanagida  BMW COMPLETE 2019 VOL.71 より

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧