オーバースペックな作り込みで究極の軽を目指したホンダ・ビートでドロ沼に陥る!?【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する”100万円でドロ沼に陥る!?” 今回は、S660のオリジンとして注目を集めるホンダの軽ミッドシップスポーツを取り上げます。新しいと思っていると早くも20年落ち。減少傾向にあるので、気になる向きはお早めに!

ホンダ・ビートとは?

ビートは、NSXから1年遅れの1991年に登場。世界初のモノコックボディを持つ軽オープンミッドシップという意欲作で1996年まで生産された。エンジンはトゥデイと同じ型式のE07Aを搭載するが、専用カムやシリンダーなどが組み込まれ656ccのNAながら64psを発揮する。

お日柄も良くオープンカーへの誘い

カー・マガジンで以前ケータハム・セブン160を取り上げたことがあったが、軽エンジンを搭載した魅力的なモデルは多数ある。というわけで、今回の100ドロコーナーでは、NSXに1年遅れで登場したホンダ初のミッドシップ・軽オープン、ビートを取り上げる。

<見えづらさはミッドの宿命?>ミッドに搭載される3気筒SOHCの656ccエンジンは、3連スロットルを有し俊敏なレスポンスが魅力。ちなみにレッドゾーンは8500rpmから。トランスミッションは5速M/Tのみだ。

ビートは世界で初めてオープンミッドシップのモノコックボディを採用し、エンジンは型式こそトゥデイと同じE07Aだが、8500rpmを許容するために、専用のバルブスプリングやカムシャフト、シリンダーヘッドやピストンが組まれている。さらに、3連スロットルや3 in 1のエキマニを奢るなど、やり過ぎな感じがホンダらしい1台だ。これにより、比較対象として良く挙げられるカプチーノやAZ-1はターボ過給で64psを発揮していたが、ビートはNAで同じ数値を達成した。手間とコストを惜しまず、NAならではの、エンジン回転数に比例する気持ちの良い加速を選択した点は見逃せないポイント。ちなみに、トランスミッションは5速M/Tのみだ。

<地味なれど見逃せないポイント>バージョンZの特徴として、速度計、回転計の盤面がブラック(通常はホワイト)となることが挙げられる。センターの特等席に回転計を備える。ステアリングはノンオリジナルだが、無限製が装着されていた。

Text:中本健二/Photo:横澤靖宏/カー・マガジン462号(2016年12月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧