高速走行中に手放し運転が可能に!? 日産が自動運転技術「プロパイロット」をアップデート

H.Tanaka
AUTHOR
2019/05/16 17:30

初搭載は今秋発売予定の「スカイライン」から

日産自動車は、高速道路の複数車線をナビゲーションシステムと連動して設定したルートを走行、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドル操作できる状態に限り同一車線内でのハンズオフが可能となる運転支援システム「プロパイロット2.0」を発表した。このシステムは、今秋日本で発売する「スカイライン」に搭載する予定という。

プロパイロット2.0ではナビシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始できる。ルート走行を開始すると、追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある高速道路出口までの走行を支援。その際、前述の条件下では同一車線内でステアリングから手を放せるハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広く支援する。なお、このハンズオフ機能を使用するための設定速度は法定速度内に限られるという。

また、ナビシステムと周囲360度のセンシング情報に基づきルート走行中の分岐や追い越しのための車線変更の適切な開始タイミングをシステムが判断、ドライバーへの提案を行う。その際はドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認することで車線変更支援が開始される。

プロパイロット2.0は、車両に搭載したカメラ、レーダー、ソナー、GPS、3D高精度地図データ(HDマップ)を組み合わせて車両の周囲360度の情報と道路上の正確な位置を把握。あわせて、高速道路上で周囲の車両の複雑な動きをリアルタイムで把握することで、熟練したドライバーが運転しているような滑らかな走行を実現する。さらに、ドライバーモニターカメラを装備。ドライバーが前方を注視しているかを常に監視できる態勢も整えられているという。

なお、プロパイロット2.0については下記のwebページでも確認できる。
URL:http://www2.nissan.co.jp/SP/SKYLINE/PROPILOT2

走行中にステアリングから手を放せるハンズオフ機能については、すでにBMWが今夏からの導入を発表済み。自動運転化に向けての機能拡大が、今後ますます勢いを増していくことは確実な情勢だ。

17日より新テレビCMの放映を開始
なお、日産ではプロパイロット2.0について訴求する新たなテレビCMを5月17日より放映する。このCMには日産のブランドアンバサダーである矢沢永吉氏を起用。自動運転の次なるフェイズを目指して先進技術の開発に取り組む日産の姿勢と新たな時代の幕開けが表現されているという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧