「ジープ・レネゲード」のバリエーションが充実

H.Tanaka
AUTHOR
2019/05/16 14:00

ベーシックモデルと走破性を高めた仕様が追加

FCAジャパンは、2019年2月に マイナーチェンジしたジープのコンパクトSUV「レネゲード」に、高いオフロード性能を誇る「トレイルホーク」と、ベースモデルの「ロンジチュード」を追加設定。5月18日より、全国のジープ正規販売店を通じて発売する。消費税込みの車両本体価格は、ロンジシュートが2,935,000円、トレイルホークが3,800,000円。

都市部でも扱いやすいボディサイズに、ジープならではのスタイリングと高い機能性を凝縮したレネゲード。2019年2月に実施されたマイナーチェンジでは、エクステリアデザインに現行ラングラー(JL型)からデザイン要素を受け継いだ新意匠のフロントフェイシアおよびリヤコンビネ-ションランプが採用。また、新世代の4気筒1.3Lマルチエアエンジンを搭載し、出力とトルクが向上するとともに低燃費化が図られている。

2月段階でのラインアップは「リミテッド」のみだったが、このほどエンジン出力や駆動方式、装備の異なる前述2モデルが加わり、全3グレードから好みの1台を選べるようになった。

トレイルホークは、あらゆる路面で力強い走行性能を発揮する高出力バージョン。最高出力が179psにまで高められたハイチューン仕様のエンジンを搭載し、トランスミッションは9速ATが組み合わされる。また、駆動系にはオンデマンド方式の4WDシステム「セレクテレイン」を搭載、滑りやすい路面でも安定感ある走りを実現する。装備面では新たにLED式ヘッドライトおよびフォグランプ、デイタイムランニングライトが採用されたほか、新デザインの17インチアルミホイールが装備。さらにインフォテインメントシステムUコネクトに地上デジタルテレビチューナーが追加、アメニティ系も充実している。

一方、ロンジチュードは、今回のマイナーチェンジで安全装備が充実した。高速道路などで ドライバーの負荷を軽減するレーンセンス車線逸脱警報プラスや、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付きの前面衝突警報が追加。より安心してドライブを楽しめるようになった。また、ステアリングホイールがテクノレザー(合成皮革)表皮に変更されたほか、新デザインの16インチアルミホイールも採用。装備が大幅に充実させているが、300万円を切るお買い得な車両本体価格も魅力といえるだろう。

なお6月30日までの期間、ジープでは「ジープ4×4エクスペンス・キャンペーン」を実施中。インスタグラムやFacebookでハッシュタグ「#4×4day」をチェックすると“4×4がある生活” や“ジープの持つ4×4性能”を見ることができるほか、期間中は販売店に行くとジープオリジナルステッカーなどがプレゼントされるキャンペーンも実施される。
※キャンペーンサイト:https://www.jeep-japan.com/jeep-capabilities/4×4-experience.html

詳細及び主要諸元表は商品サイトから
※商品サイト:https://www.jeep-japan.com/renegade-bv.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧