新エンジン搭載で走りがブラッシュアップ!フィアット500Xが改良

相澤隆之
AUTHOR
2019/05/14 18:00

エクステリアデザインもアップデート

FCAジャパンは、「フィアット 500X」を改良し、2019 年5⽉18⽇(⼟)から、全国のフィアット正規ディーラーを通じて発売すると発表した。
価格は500X(受注⽣産)が2,980,000円、500X クロス3,340,000円(いずれも税込)となる。

「フィアット500X」は、2015年10⽉にフィアット初のスモールSUVとして⽇本に導⼊されて以来、500ファミリーの⼀員として親しみのあるデザインや、前後席に⼤⼈がゆったり着座できる居住空間、充実した安全装備により、アクティブなライフスタイルを送るユーザーからファミリー層まで、幅広いユーザーから好評なモデルだ。デビューから4年⽬となる今年、500Xはデザインを刷新し、フィアット初採⽤となる新世代エンジンを搭載するなど新たなフェーズへ突⼊。⽇本においては、300万円を下回るエントリーモデルである「500X」と、装備を充実させた「500X Cross」の2タイプが導⼊される。

エンジンは、新世代のオールアルミ製1.3L直列4気筒 “FireFly”ターボエンジンを搭載。燃焼室形状の最適化や、フィアット独⾃技術であるマルチエアの進化により、最⾼出⼒は従来モデル⽐で11ps増の151ps、最⼤トルクは20Nm増の270Nmを発⽣する。さらに燃費は従来の1.4Lターボエンジンに⽐べて約10%向上しているという。


エクステリアは、前後バンパーが⼀新されSUVらしさを強調するクロススタイルを採⽤。新デザインのヘッドライトのほかドライビングライトやリアコンビネーションランプがLED式へと変更(500Xクロスのみ)、デイタイムドライビングライト及びポジショニングライトは上下で分割され、500ファミリーのシンボルである「500」のロゴをモチーフにしたデザインが採⽤されている。

装備については、レザーステアリングホイールや前席シートヒーター、クルーズコントロール、デュアルゾーン式フルオートエアコン、Apple CarPlayおよびAndroid Autoに対応した7インチタッチパネルモニター付のインフォテインメントシステムUconnect®、クラッシュミティゲーション(衝突被害軽減ブレーキ)付の前⾯衝突警報、⾞線逸脱警報、リアパーキングカメラなど、⽇常の運転に不可⽋な快適・安全装備を全⾞標準採⽤。

さらに500XクロスではLEDヘッドライトやレザーシート(前席8ウェイパワーシート付)、パドルシフト、アダプティブクルーズコントロール、ブラインドスポットモニター、フロントパーキングセンサーなど、⻑距離でも快適にドライブを楽しめる機能が充実している。

5月9日に都内で開催された発表イベントでは、FCAジャパンマーケティング本部長のティツィアナ・アランプレセ氏と広報部長の清水良子氏、フィアットブランドプロダクトマネージャーの生野逸臣氏が登壇しプレゼンテーションを行ったほか、VRアーティストのせきぐちあいみ氏がライブパフォーマンスを披露した。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧