【海外試乗】「BMW 8シリーズ コンバーチブル」新生フラッグシップスポーツに早くも4座オープンが追加設定

2019/05/14 09:00

オープンエアを味方に!

昨年、約20年の沈黙を破りそのネーミングを復活させた新生8シリーズに、既定路線ともいえる4シーターオープンのコンバーチブルが追加設定された。実質的には6シリーズの上級移行という位置づけの8シリーズゆえ、次に控えるのは4ドアのグランクーペ。BMWの巻き返しが始まった!

トノカバーからトランクフードにかけてのラインは段付きもなくスムーズに仕立てられており、後方からの眺めも厚みを感じない。

2ドア&2+2シーターのラグジュアリーカー市場において、オープンボディの占める割合は、最大需要地であるアメリカで半分以上、その他の地域でも3~4割に達するという。その中で6シリーズカブリオレは、昨年までトップクラスの販売台数を記録してきた。
名前が変わり上位移行したとはいえ、8シリーズのカブリオレには当然この大きなシェアを可能な限り継承するという大義がある。その商品力は期待値だけでなく、価格差をも超えるものでなければならない。開発にあたっての抑圧は大変なものだっただろう。

後席空間も大人ふたりが収まる快適性を十分に確保。前後席間に据え付けるネット型ウインドディフレクターは折り畳んでトランク収納も可能だ。

カブリオレ化にあたっての装備や寸法面においての変更点はほとんどなく、基本的にはクーペに準拠した仕様だ。幌屋根は分厚くも縫目はシームレス仕上げとなっており、上げている時のフォルムにもきちんと配慮がなされている。開閉は50km/h以内であれば走行時の操作も可能。所要時間は約15秒とそのサイズを鑑みれば充分に早い。トランク容量は350~280Lと幌の開閉時によって異なるも、クーペの420Lに対して著しい変化はなく、実用性にはきちんと留意されている。

M850iに搭載される4.4L V8ツインターボは530ps/750Nmを発揮。8速ATと連携して6000rpm超まで淀みなくビッグパワーを紡ぎ出す。

パワー&ドライブトレインのラインアップもクーペと同じで、4.4L V8ツインターボをxDrive=四駆で受け止めるM850iと、3L直6ターボディーゼルに同じくxDriveの組み合わせとなる840dのふたつが用意される。トランスミッションはともにZF製の8速ATを採用。うち、日本市場に投入されるM850iは530psのパワーと750Nmのトルクを発揮。最高速は250km/hでリミットされ、0→100km/h加速は3.9秒とクーペに対して0.2秒のプラスとなる。日本仕様では電子制御アクティブスタビライザーを加えたアダプティブMサスペンションやMアクティブデファレンシャルなど、シャシー回りの装備はフルスペックだ。

リポート:渡辺敏史/T.Watanabe フォト:BMWジャパン/BMW JAPAN ル・ボラン2019年6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧