【海外試乗】「BMW 7シリーズ」トップ・オブ・バイエルンがフェイスリフト!

2019/05/12 11:00

威風堂々のハイテクサルーン

7シリーズの6世代目にあたるG11系が発表されたのは2015年の秋のこと。それほど昔のことに思えないのは、その後に登場した5シリーズと、ビジュアル的に近似していたことも影響しているのかもしれない。実際、BMWはその区別を明確にすることを今回のLCIの課題にしたというが……。

大型グリルに加えてノーズ端の高さが50mm高くなったことで、横方向からのシルエットもセダンらしさがより強調されるカタチに。

言わずもがな、後期モデルの7シリーズで最も大胆な変貌を遂げたのはデザインだ。賛否を呼ぶ大きなグリルは面積にして40%増と、そのサイズが生真面目に数値化されている。併せて鼻回りの高さも50mmほど嵩上げされエンブレムも大型化、そしてアンダーグリルやサイド&リアにもクロームが巡らされるなど、コスメティックも一段と華美になった。もちろんこれは新興市場に向けて激化する周囲のアピアランス競争に埋もれぬための対策だが、現物をみるに、個人的には顔回りの造形も写真でみるほどの違和感はないと思った。ちなみに内装も最新の意匠が用いられただけでなくルーフ回りに及ぶアンビエントライトなど演出面の強化、そしてインフォテインメントなどデジタルデバイスのハード&ソフト両面でのアップデートも施されている。

8シリーズと同等のチューニングを受けた750iのV8ユニット。

新しい7シリーズに搭載されるパワーユニットはガソリン2種、ガソリンハイブリッド1種、ディーゼル3種の計6種類。うち先代でも日本導入されていた740eは、搭載エンジンがストレート6にスイッチ、組み合わせられるモーターやバッテリーも強化されたプラグインハイブリッドとして、745eの名前が与えられている。
そのエンジン出力は286ps、そしてモーター出力は113psとなり、12kWhのサムスンSDI製リチウムイオンバッテリーを介して最大58kmのモーター走行が可能となる一方、ドライブモードをスポーツにすれば394psというシステム出力をもって0→100km/hで5.2秒の加速性能を発揮することも可能だ。
また、750iもエンジンが最新世代の4.4L V8へと刷新され、530ps/750Nmを発揮。これは前型の750iに対して80ps/100Nmと大幅な向上となっている。0→100km/h加速は4秒フラット。スポーツセダンでも一線級の数値だが、7シリーズはこの上に12気筒のM760iが控えるわけで、BMWの頂点に相応しいパフォーマンスが揃ったといえるだろう。

PHEVの745eはパワーユニットそのものが完全刷新されている。

リポート:渡辺敏史/T.Watanabe フォト:BMWジャパン/BMW JAPAN ル・ボラン2019年6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧