【嶋田智之の月刊イタフラ】新しいエンジンを引っ提げて500X日本上陸

嶋田智之
AUTHOR
2019/04/29 17:00

500X、第2世代へ

フィアット500Xにマイナーチェンジが行われて、もうちょっと先、5月18日から発売されます。今回の改良ではフェイスリフトで前後のバンパーが変わったり、ヘッドランプのデザインが新しくなったり、ドライビングランプやリアコンビネーションランプがLED化されたりしたことで、ちょっと顔が濃くなった印象があるのですが、そこが一番のポイントというわけではありません。

実はエンジンが一新されているのです。新たに搭載されることになったのはオールアルミ製の新世代ユニット、1.3L直列4気筒〝ファイアフライ〟ターボです。燃焼室の形状やマルチエア・システムなどが進化を果たして、これまでの1.4Lよりも最高出力で11 psアップの151ps/5500rpm、最大トルクは20Nmアップの270Nm/1850rpm。燃費も約10%向上してるのだとか。ちなみにトランスミッションは6速DCTです。

装備類もこれまでより結構充実してる感じで、価格は298-334万円です。次号では乗った印象をお届けできる……かも。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧