30kgの軽量化を実現した日産GT-Rニスモの2020年モデルがお披露目!

相澤隆之
AUTHOR
2019/04/18 13:00

GT-Rニスモにはカーボンパーツを多用

日産自動車株は 4月17日、銀座のNISSAN CROSSINGにて、2020年モデルの「日産GT-Rニスモ」をお披露目、併せて今年 6月に発売予定の「日産GT-R」の詳細を発表した。

発表会では、冒頭に専務執行役員の星野朝子氏が挨拶を行うとともに、以前GT-Rが欲しくて貯金をしていたというエピソードを披露。その後GT-Rの車両開発主管である田沼謹一氏が2020年モデルの変更点を説明した。

今回公開された「GT-Rニスモ」2020年モデルは、2018年のGT3レーシングカーから使用されている新型のターボチャージャーを採用、この新たなタービンブレードは、その枚数を減らすと共に最新の流体・応力解析を用い、形状を徹底的に見直すことで出力を落とすことなくレスポンスを約20%向上しているという。これにより、コーナー立ち上がり時など、アクセルを踏み込んだ際の立ち上がり加速性能が向上したとのことだ。

一方ボディでは、車両重心点から遠いルーフ、エンジンフード、フロントフェンダーにカーボン素材を使用、車両を軽量化することによりコーナリング性能を向上させた。特に、ルーフにはカーボン素材の間により低比重の材質を挟み込むサンドウィッチ構造を採用し、さらなる軽量化を実現。これらの外装部品によって約10.5kg軽量化したという。

コクピットには新開発のRECAROシートを採用、車両とドライバーの一体感を一段と高めるために、ドライバーの肩甲骨から脇腹、骨盤を安定して支える構造に。さらに、カーボンシェルにコアフレーム構造を追加することで、軽量化をしつつ剛性も高められた。

空力も、フロントフェンダーにGT3レーシングカーを彷彿とさせるエアダクトを採用。これはエンジンルームからの熱を逃がすだけでなく、エンジンルーム内の内圧を下げ、エアダクトの排出風によってフェンダー外表面の流速を下げることにより、表面リフトを減少させることによってフロントタイヤのダウンフォースを増やす効果ももたらすという。

新開発の世界最大級のサイズを誇る超高性能のカーボンセラミックブレーキは、世界トップクラスの制動性能はもちろん、サーキットにおける高Gでの効きの良さと、一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を実現。ブレーキローターの大径化に合わせて、ピストン配列を最適化した専用の高剛性キャリパーと、新しい摩擦材のブレーキパッドを開発し、高負荷状況だけでなく、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を持ち合わせているという。この新開発のカーボンセラミックブレーキと、カーボン製の外装部品やRECAROシートなどを合わせて、合計で約30kg軽量化したとのことだ。

こういった車両の軽量化、空力性能の向上に加え、9本スポークが特徴の軽量かつ高剛性な鍛造アルミホイールと、新開発のハイグリップゴムを採用すると共に、走行中の接地面積を最大化したハイグリップタイヤを新たに開発。さらに、電子制御サスペンションにもセッティングを施すことで、軽量化したブレーキと相まってばね下重量を大幅に削減し、路面をより確実にとらえ、その凹凸にあわせてタイヤのグリップを最大限使用することが可能だという。高速域においてもステアリングの修正は最小減に抑えられ、コーナリング時の旋回Gが向上、より速いコーナリングを実現しているという。

なお、GT-Rニスモの2020年モデルは、来月5月中旬より先行予約受付を開始、価格は現在未定とのことだ。

一方でGT-Rの2020年モデルは、GT-Rニスモに採用してきたレスポンス向上に貢献するターボ高効率化技術「アブレダブルシール」を採用。レース用ターボチャージャーに多く使用されているこの技術は、吸入した空気の漏れを最小限にすることで、ドライバーの加速意図に即座に応えるレスポンスを実現しているという。

また、街乗りからサーキットまであらゆるシーンにおいて、より最適なギア段を選択し、コーナリング時にエンジンパフォーマンスをより堪能できる変速を実現するため、Rモード専用のアダプティブシフトコントロール(ASC)のシフトスケジュールをよりアグレッシブに設定。これによりコーナー進入時のブレーキングでは、積極的に低いギア段を選択し、より鋭いコーナー進入と同時に、再加速時の駆動レスポンスを向上させ、より鋭いコーナー加速が可能になったという。さらにサスペンションもリセッティングし、鋭い応答性を実現するとともに、ブレーキは従来よりも軽い踏力で制動力が立ち上がるよう、ブースター特性のチューニングにより初期の効き感を向上させ、短いストロークで効きが立ち上がるようコントロール性を高めたとのことだ。ボディカラーには、見る角度により表情を変えるワンガンブルーを新設定。また、職人が一つ一つ手作りで加工した青く輝くチタン製のエキゾーストフィニッシャも採用されている。

価格はピュアエディションが10,632,520円、ブラックエディションが12,539,880円、プレミアムエディションが12,105,720円(いずれも税込)となっている。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧