標高2360m、日本一高い車道の峠道(長野県/山梨県・大弛峠)【絶景ドライブ 日本の峠を旅する】

2019/04/16 08:00

麓から峠まで駆け上がれば季節も一瞬で移り変わる

奥秩父の山並みを越えて山梨県と長野県を結ぶ川上牧丘林道。この道は志賀草津道路の渋峠より200m近くも高い標高2360mの大弛峠を越えていく。峠の長野県側は千曲川の源流域。そこから日本一長い河川が日本海へと流れていく。

シラカバ林に囲まれた川上牧丘林道の長野県側。林間に湧く水は日本海へと流れる。

甲府盆地の北には「奥秩父」と呼ばれる山並みが連なっている。その中の金峰山(標高2599m)と国師ヶ岳(標高2592m)に挟まれた鞍部(コル=山々の尾根のくぼみ)を越えていくのが、川上牧丘林道の大弛峠である。

川上牧丘林道・山梨側の起点近くにそびえるトチノキの巨木・姥の栃(うばのとち)。

大弛峠という名前は、山梨と長野の県境に連なる稜線がこのあたりで大きく弛んでいることに由来する。かつて川上牧丘林道の長野県側は「峰越林道」と呼ばれていたが、まさに稜線の低い部分に狙いを定め、目の前に立ちはだかる峰を越えていく道なのである。

夢の庭園からは、甲府盆地側をまるで箱庭のように俯瞰できる。その向こうに見えるのが南アルプス。

大弛峠の標高は2360m。山梨側から登っていくと、牧丘第一小学校柳平分校そばの林道起点でさえ、1530mとかなりの標高がある。周囲の山もシラビソなどの常緑樹で覆われているので、とりわけ高所を走っている印象は受けない。ところが、クルマで行ける場所で大弛峠より標高が高いのは、国内では乗鞍スカイライン(エコーライン)の終点・畳平(標高2702m/一般車通行不可)と、富士山スカイラインの終点・新五合目(標高2400m)の2か所のみ。国道最高地点のある志賀草津道路の渋峠(標高2172m)よりも200mほど高く、分水嶺を越える峠道としては日本一の高さなのである。

推定樹齢300年、幹回り約8mの“姥の栃”。根元からは冷たい石清水が湧きだしている。

峠の駐車場から登山道を20分ほど歩き、〝夢の庭園〟という展望台まで登ると、大弛峠の標高ははっきりと実感できる。

五丈岩という巨岩を戴く金峰山の山頂は手を伸ばせば届きそうなほどの近くにあり、眼下の甲府盆地はまるで箱庭のよう。下界から仰ぎ見ていた南アルプスの3000m級の高峰群も真正面に行儀よく並んで見える。

川上牧丘林道の山梨側起点脇にある牧丘第一小学校柳平分校は日本一高い所にある学校。ただし近年は児童数ゼロで休校中。

「大弛峠は季節の移り変わりを一瞬で感じることのできる道でもあるんですよ」

こう話していたのは大弛小屋のご主人、小林大亮さんだった。

「冬季閉鎖の解除される5月末、麓では桜が散って新緑の季節を迎えていますが、大弛峠まで登ってくると、まだ冬景色なんですよ」

6月上旬、われわれの訪れた日も、山小屋では登山客たちがストーブを囲んで談笑していた。

標高2360mまで自力で駆け上がってきたチャリダー。その笑顔が達成感を物語っている。

掲載データなどは2016年7月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧