茶屋から眺める富士は今も昔も変わらない(山梨県・御坂峠)【絶景ドライブ 日本の峠を旅する】

2019/04/15 08:00

二代目の手によって営業再開した峠の茶屋

最近、 急速に数を減らしているのが峠の茶屋である。新トンネルの開通で御坂峠の天下茶屋も 一時廃業したが、約10年の時を経て復活。太宰治を愛する文学ファンや富士の眺めを楽しむ人で今も賑わっている。

昭和初期に国道8号として開削された御坂峠の道。御坂隧道から北の冬季閉鎖は4月下旬に解除予定。

太宰治が『富嶽百景』のなかで、風呂屋のペンキ画のようだとこき下ろしたのが、御坂峠からの富士の眺めである。
『まんなかに富士があって、その下に河口湖……(中略) 。近景の山々がひっそり蹲(うずくま)って湖を抱きかかえるようにしている。私は、ひとめ見て、狼狽(ろうばい)し、顔を赤らめた。……(中略)どうにも註文どおりの景色で、私は、恥ずかしくてならなかった』
甲府盆地と河口湖の間は、現在、国道137号で結ばれている。長いトンネルで御坂山の中腹をまっすぐに抜けていく快適な道だ。

御坂峠・天下茶屋の名物は、ほうとうと自家製の甘酒。

中央自動車道の一宮御坂ICから南に向かうと、その新御坂トンネル手前で左へそれる細い道がある。これが御坂峠に続く国道137号の旧道(県道708号)で、くねくねと曲がりくねった山道を登り切ると、コンクリートの苔むした御坂隧道の入口が現れる。そして、この薄暗く、勾配があって先を見通せない全長396mの古いトンネルを抜けると、 「いきなり!」といった感じで富士の姿が目に飛び込んでくる。
甲府盆地側は手前の山にさえぎられて富士の姿はほとんど拝めない。それだけに、この出会いには一瞬息を呑むほど感動する。

約10年間の休業期間を挟み、今年で創業83年を迎える天下茶屋。営業時間は朝9時から日没まで。冬季休業期間以外は定休日なし。

甲斐国と相模国を結ぶ鎌倉往還最大の難所、御坂峠に自動車道のトンネルができたのは昭和6年(1931年)のことだった。以来、御坂山の鞍部を越える標高1520mの旧峠に代わり、御坂隧道の河口湖側出口(標高1300m)が御坂峠と呼ばれてきた。
鎌倉往還というのは非常に古い道で、「神坂(みさか)」に由来する名前からも想像が付くように、日本武尊が東征の際、ここを越えたという伝説も残っている。また、御坂隧道ができた時に付けられた国道番号は1桁の「8」というもの。極東でソ連と対峙していた戦前の日本にとって、首都圏から日本海側へ抜ける途中にある御坂峠は、今からは想像できないほど重要なルートだったのだ。

天下茶屋の名物はほうとう(写真はきのこほうとう鍋1,410円)。太宰の滞在した茶屋の名物がほうとう(放蕩!?)というのも何かの縁か。

ところが、昭和42年(1967年)に御坂山の標高1000m付近を一直線に貫く有料道路のトンネルが完成すると、峠を行き来するクルマは一気に減少する。
「猫一匹通らんようになってしまったんですよ、ハハハ……」
こう話すのは峠に建つ天下茶屋の二代目社長、外川満さんである。

天下茶屋の2階は太宰治文学記念館になっていて、ゆかりの品々を展示中。茶屋を利用した人は自由に見学できる(入場無料)。

先代の父が御坂峠に茶屋を開いたのは、隧道開通から3年目の昭和9年のこと。マイカーとか、ドライブなどという言葉さえ存在しない時代だったが、甲府と富士吉田の間には路線バスが毎日10便近く運行され、おかげで店もけっこう繁盛していたらしい。
「昔は未舗装の悪路でしたから、クルマも、人も、必ずここでひと休みしなければならなかったんです。路線バスも20分くらいは停車していたと思いますよ」
天下茶屋は新しいトンネルの開通にともなって廃業。現在の店はその10年ほど後に二代目の手で再開されたものだ。

新御坂トンネルができるまで甲府と富士吉田の間を往復していた路線バス。太宰治もこのバスを利用して麓の町まで出かけていた。

掲載データなどは2016年7月末時点のものです。実際におでかけの際は、事前に最新の情報をご確認ください。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧